2014年12月9日火曜日

can-am Spyder RTはちょっと窮屈

Spyder RTは、どうやら180cmぐらいまでの人を対象に設計しているようだ。
 私は185cmだが、Spyder RTではちょっと足が窮屈。

私の足は、膝から下が短めで、大腿骨長めというちょっと残念な仕様。 
なので、身長の割には大腿骨が長い。 

で、大腿骨が長いと、Spyder RTのブレーキは踏みにくい構造なのだ。 

背が高くても膝下が長いカッコいいスタイルの人は大丈夫かもしれないけれど、180cm以上の人は是非しっかり試乗してブレーキの踏みやすさを試したほうがいい。 

あと、フロントスクリーンの高さも、私の身長では困る。 
フロントスクリーンの上端が私の目の高さと重なってしまいがちなので、前を見ずらい。 

今年発売されるSpyder F3というニューモデルは、ペダルの位置を変更できて長身の人にも対応しているうえ、フロントスクリーンがないので前も見やすいだろう。 

いいなぁ。

1年待てばF3を買ったのに。 買い物は悩まずスパっと買う性格が今回は災いした。