2013年8月26日月曜日

スター・トレック イントゥ・ダークネス (2013 アメリカ)

★★★1/2

大変良く出来てるし、お金もかかってることが良く分かるのだが、なんか面白くない。驚きが全然なくて、予想通りのストーリー進行だからかも。IMAX 3Dで観て、この程度なら、普通の映画館で観たら、もっと平凡に感じたに違いない。

今夏公開された映画で比べれば、エキサイティング度は「パシフィック・リム」に遠く及ばない。前作の「スター・トレック」のほうがかなり良かったな。


ワールド・ウォーZ (2013 アメリカ、マルタ)

★★★

スケールはでかいが、割と直球勝負のゾンビー映画で、特に驚きはない。2002年製作の「28日後...」以来、全力疾走するゾンビーは珍しくなくなったし。

驚きといえば、ゾンビー映画にブラッド・ピットが出演したことが一番の驚きかも。ゾンビー映画だったら、「28日後...」やその続編の「28週後...」のほうが好きだな。

2013年8月21日水曜日

タイピスト! (2012 フランス)

★★★1/2

秘書としては無能だが、タイプを打つ速度だけはめちゃめちゃ速い女性が、タイプの速度を競う世界大会に出場するというサクセスストーリーでもあり、ラブストーリーでもあり。

フランス映画はあまり好きじゃないのだが、この映画の雰囲気と構成はイギリス映画みたいで良かった。

ホワイトハウス・ダウン (2013 アメリカ)

★★★1/2

激しいアクション映画には縁がなさそうな60代と思しき女性一人客や、きゃぴきゃぴした若い女性数人の客が来ていたりしていたのは、やはり主演のチャニング・テイタム目当てなのだろうか。

ホワイトハウスが攻撃され、たまたま居たヒーローが活躍するという、殆じ同じプロットの映画が立て続けに公開されたが、「エンド・オブ・ホワイトハウス」のほうがちょっとだけ迫力あったかな。

2013年8月12日月曜日

パシフィック・リム (2013 アメリカ)

★★★★1/2

予告編で、この映画は凄いと直感したので、IMAX 3Dで見ることにした。

しかも、家から一番近いIMAXシアターであるグランベリーモールでもなく、次に近い川崎でもなく、もっともスクリーンが大きい109シネマズ湘南まで足を運んで鑑賞。

だが、実際には凄いどころの映画じゃなかった。予想を遥かに上回る素ん晴らしい映画。こう言っては何だが、単なる怪獣vs巨大ロボットの映画なのに、この面白さはナニ。もう完璧と言ってもいい。

IMAX映画館の圏内にいる人は、IMAXで観ることを強くオススメする。鑑賞料金はバカ高いけど、それだけの価値はある。

109シネマズ湘南に2列あるエグゼクティブ・シートの後列にしたが、この映画を観るにはちょっと前過ぎた。格闘シーンがよく見えなかったので、かなり後ろ目の席を選んだほうがいいと思う。

採点は★4.5としたが、ストーリーにもう少し深みがあれば★5だったろう。

とはいえ、登場人物たちのことをもう少し掘り下げれば深みも出た代わりに、怪獣vs巨大ロボットという主題から外れることになる。これぐらいが丁度良いのかも。そういう意味では★5をつけても良かったのかもしれない。

Blu-RayやDVDにエクステンディド・エディションが収録されるのではないかと思うが、今から楽しみだ。

鑑賞後にIMDbのデータベースを読んだところ、ギレルモ・デル・トロ監督がもっとも影響を受けたのは、鉄人28号だというが、さもありなん。主役のロボットの造形は、鉄人28号を髣髴とさせる。もっとも操縦方法は、鉄人28号のようなリモコン式じゃなく、マジンガーZのような搭乗式だけど。

操縦は一人ではく、二人でするとしたアイディアが秀逸。これにより断然面白くなったと思う。

2013年8月10日土曜日

Facebookを削除

Facebookの会員を退会し、すべてのページも削除した。

iPhoneのFacebookアプリでは、削除はできなくて会員停止しかできないので、当初は会員を停止するに留めたが、更新しないページを残しているのもなんなので、このページを参考にしてMacからページ自体を削除した。

mixi、GoogleのOrkut、FacebookとSNSをやってきたが、やっぱりどうもSNSは苦手。というか、何のためにやるのかどうも分からない。というわけで、元々、殆ど利用してなかったけど、利用しないんだったら意味ないから削除しようと唐突に思いついて、即実行。

Orkutは放置しているだけで削除してなかったが、たった今、Orkutのページも削除してきた。これですべてのSNSはおしまい。

ただ、iPhoneアプリは、Facebookのアカウント情報を使ってログインするものが多いので、Facebookのアカウントを持っていると便利なのも事実。

だから、ログインを容易にするだけの目的で、もしかしたらFacebookを再度作るかもしれない。ただ、今度は写真も載せないし、自分の情報も名前だけにしよう。