2012年7月30日月曜日

日本の柔道と世界の柔道は違う?

なにかと言うと日本の柔道と世界の柔道は違うとか、こんなのは本来の柔道じゃないとか、素人考えかもしれないが愚かしいことだと思う。それは負け惜しみというやつじゃないのか。

確かに世界の柔道は、日本が理想としている柔道とは違うのだろう。だが、国際大会に出る以上、国際ルールで戦って金メダルを取れるように鍛錬を積むべきではないか。

オリンピックを開催してるイギリス発祥のスポーツは数多い。

オリンピック競技では、テニス、ラグビー、バドミントンなどがあるが、イギリス人が、本当のラグビーはこうじゃないんだ、世界のラグビーは本来のラグビーと違うとか言っているという話は聞いたことがない。

どこが発祥の地かとか、発祥の地ではルールがどうだとかは全く関係ない。どこの国も世界のルールに従った上で金メダルを取るべく頑張っているのだ。

いや、柔道は武道なのだ、心技体が一体になってこそ意味があるとか言うのだったら、もう国際大会に出るのは辞めればいい。国内で武道としての道を極めればいいではないか。

国際大会に出ても、日本は日本の道を行く。日本は武道としての柔道を極めるのだという考え方もあるだろう。だが、それだったら金が取れなくてもやむを得ないと諦めなくてはいけない。

それなのに日本は、国際ルールで勝てる柔道を練習していないくせに、国際大会で勝てないと選手を責め、世界のルールを責める。人を責めるばかりで、ちっと自分のやり方を変えようとしていないように見える。柔道界ばかりでなく、日本のマスコミもそうだ。毎回、毎回、世界の柔道の批判ばかりしている。むしろ世界に合わせようとしない柔道界を批判すべきではないのだろうか。

2012年7月29日日曜日

ダークナイト ライジング(2012 アメリカ、イギリス)

★★★★★

期待の大作なので、おそらく現時点で日本最高の設備の映画館である109シネマズ湘南まで足を運んだ。そもそもIMAXカメラで撮影しているので、IMAXで鑑賞するのがベストだし。なんていうのは後付けの理由付けで、通常のカメラで撮影したものをIMAXに変換しただけであったってIMAXで観るつもりだったけど。

ネタバレになるのが嫌だったため、「ダークナイト ライジング」の予告編が始まったら目をつぶるようにしてたお陰で、TVでやってる予告編以上の予備知識ゼロ状態で鑑賞。もちろん雑誌などの特集記事も一切読まず。なにしろ今回、アン・ハサウェイが出ていることすら知らなかったぐらいだ。

クリストファー・ノーラン監督のバットマン・シリーズの集大成となるに相応しい作品。

過去の登場人物がちょっと意外な役柄で再登場していたりするので、「バットマン・ビギンズ」と「ダークナイト」をもう一度観てから観たほうが良いかも。私も「バットマン・ビギンズ」の記憶はもうかなり薄れているため、あれ?こいつは生きてたんだっけねと思ったりした。

2012年7月28日土曜日

マイク・オールドフィールドの生演奏は初めて観た

イギリスらしく、おしゃれでユーモアもある開会式は楽しかった。エリザベス女王自身がジェームズ・ボンドのムービーに出演するという大らかさも素晴らしい。未だに天皇を神格化している宮内庁がある限り、日本では1000年後だって不可能な演出だね。

ロックの国だけあって音楽にも力を入れていたが、ちょっと驚いたのが、子供たちの病院をモチーフにした重要なシーンで、マイク・オールドフィールドの「Tubular Bells」が使われていただけでなく、本人が生演奏していたこと。「Tubular Bells」がヒットした頃、細身の若者だったけど貫禄でたね。

聖火の点火では、ピンク・フロイドの「Eclipse」が使われているのも驚いたが、ご本人達の登場がなかったのは残念。しかも、開会式で使われている曲を集めた公式アルバムにも「Eclipse」は含まれていない。「Eclipse」が入っている「The Dark Side of the Moon」自体はiTunes Music Storeでも売っているので、デジタル配信に反対しているわけではないようだけど。

それにしてもオープニングシーンでも、ピンク・フロイドの「アニマルズ」のジャケット写真を再現した元バターシー発電所の上空に浮かんだピンクの豚が再現されているところが写っていたりして、イギリスにおけるピンク・フロイドの人気の高さが伺いしれた。


2012年7月25日水曜日

ローマ法王の休日 (2011 イタリア、フランス)

★★★

新たにローマ法王に任命された枢機卿が重圧に耐えかねてローマの街に逃亡というストーリーで、日本のポスターでは笑えるコメディを期待させるものとなっているが、とんでもない。

映画があまり重くなり過ぎない程度にユーモラスなシーンも入れましたという感じで、クスっとするシーンもあるにはあるが、基本的には真面目な映画。映画が終わった後、劇場内には、困惑の空気が立ち込めていた。思ってたような映画じゃないねという声も聞こえた。なによりエンドクレジットで席を立つ人の多さが、ポスターに裏切られたという思いの反映だろう。

しかも、結局のところ何を言いたいのか分からない。カトリックの信者は、この映画をどういう目で見るんだろう?

ところで、一般人はバチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂の窓にたまに現れるローマ法王を遠くから見るだけなのが普通。

ところが、キリスト教徒でもないのに、ローマ法王に接近遭遇したことがある。

時は1986年。友人達とローマに遊びに行ったとき、コロッセオに向かった。ところがコロッセオは何かイベントがあるらしく、この日は中に入れない。何があるんだろうと思って花道のロープで待っていたら、徐々に人が集まり始め、ふと気づけばロープの先頭で、人並みでもはやその場を離れることもできない状態。

仕方なくそのまま待っていると、誰かが歩いてくる。なんとヨハネ・パウロ2世法王その人である!距離にして1mちょい。もう目の前。驚いたのなんの。

そしてイベント(ミサ?)が始まり、音楽が鳴り始め皆で聖歌を歌い始めた。隣にいた外人のおじさんが君たちこれを使いなさいと歌詞カードを渡してくれるが、歌詞が分からないのではない。そもそもメロディも知らないのだから歌えるわけがない。早くイベント終わってくれと願った我々なのであった。

2012年7月20日金曜日

銀座シネパトスが2013年3月末に閉館

ついに恐れていた日が来る。銀座シネパトスの閉館だ。

新聞では「銀座の名画座が閉館」と書かれていたが、私にとっては古い作品を上映する名画座ではなく、封切り映画を上映する劇場だ。シネパトスには3つのスクリーンがあり、邦画の旧作を上映しているスクリーンもあるが、私は封切り映画を上映するスクリーンしか行ったことがない。

ここで上映される封切り映画は、大手の映画館やシネコンでは上映されない映画がほとんどだ。東京ではシネパトスでしか公開されない映画も多い。従ってシネパトスが閉館するということは、東京では公開されない映画が増えるということだ。実に残念な話だ。

他にも渋谷のル・シネマ、シネクイント、シネスイッチ銀座などの単館上映の映画館はあるが、男が好むようなアクション系、ホラー系の映画を一番多く上映してくれるのがシネパトスだったんだよなぁ。

最初、このニュース記事を読んだとき、やっぱり潰れたかと思った。平日の最終回しか行ったことがないが、10人を超える客がいた試しがない。ところが、閉館される本当の理由は意外なものであった。シネパトスは東銀座の三原橋地下街にあるが、古いため耐震性に問題があるため取り壊すことが決定し、東京都から立ち退き命令があったからだという。

三原橋地下街は、地下街と言っても道路のすぐ下の半地下みたいなところだが、なんでも現存する最古の地下街だという。日本発の地下街は東京神田にあったそうだが、既に消滅。三原橋地下街が一番古い地下街だったのだが、それも来年消えることになる。確かに古くて到底、地震に耐えうると思えない。残念だけど仕方ないか。

本当は、シネパトスを経営しているヒューマックスが、本来シネパトスで上映するような映画を上映してくれる映画館を新たに作ってくれれば一番良いんだけど。

(追記 2012/7/23)
ところで、橋なんてないのに、なんで三原橋地下街というのか不思議に思ったので調べみた。

昔は銀座の中央通りと昭和通りの間に運河が流れており、そこに三原橋という橋がかかっており、終戦後、戦争のがれきの処分先として運河を埋め立て、埋め立てた川底を地下街として活用したのだそうだ。

そうして運河は消滅したが、三原橋の上に道路や建物を作ったため、見たところ分からないが、実は橋自体も残っており、三原橋地下街へ下りる短い階段の天井に橋げたが見えているそうだ。次回、シネパトスに行く際には、天井に注目しなくては。

しかし、普通、地下街って駅に繋がっているものだが、ここの地下街はどこにも繋がっておらず、道の途中にいささか唐突にあるのは、そういう理由によるものだったか。

なお、三原橋地下街が無くなると、次に古い地下街は東京浅草の浅草地下街となるそうだ。作られたのは1955年1月。三原橋地下街が作られた3年後となる。

浅草の松屋の前に入口があるが、いかにも異様な雰囲気なので入ったことなかったが、今度、一度入ってみることにしよう。

ちなみに前出の日本最古の神田の地下街が作られたのは1932年と断トツに古い。この地下街は消滅したと言っても2011年に店がすべて立ち退いただけで、地下街そのものは銀座線神田駅に地下通路として残っている。

2012年7月17日火曜日

リンカーン弁護士 (2011 アメリカ)

★★★★

日本公開まで1年半近くかかったし、大して話題にもなってないが、この作品は良かった。原作はヒロエニムス・ボッシュ刑事シリーズで有名なマイクル・コナリー。

事務所を持たずリンカーンを事務所代わりにしている、一癖も二癖もある刑事専門の弁護士をマシュー・マコノヒーが演じる。

傷害事件で逮捕された男の弁護を引き受けたが、段々明らかになるこの男の過去。ラストも予想しない展開でグッド。

ただ、一つだけ文句を言うならば、銃に関することはデタラメだったり、ちょっとそれはどうなの的な疑問が湧く展開だったりする。もしかすると原作の通りなのかもしれないけど。

合法的に銃を買えたり、買わないまでも射撃場で銃を借りて射撃を経験することもできる州が多い米国なのに、意外なことに小説も映画も、銃に関してはデタラメな描写や記述が実に多いこ多いこと。

小説で一番多い間違いは、たぶんリボルバー拳銃なのに安全装置を外すという記述。映画ではさすがにこの間違いはないかな。リボルバーに安全装置なんてない。

リボルバーに関して映画によくありがちな描写は、撃鉄をガチャっと下ろすこと。これは間違いとは言えないが、リボルバーは撃鉄を下ろす必要はない。いきなり引き金を引けば弾が出る。まあ、ガチャっと撃鉄を下ろせば、やられた相手はビビるだろうから、意味がないわけではないか。

逆に映画で一番多い間違いは、オートマチック拳銃は撃鉄を下ろさないと発射できないのに、撃鉄が上がったまま銃撃しているケース。この間違いは本当に多い。

2012年7月10日火曜日

崖っぷちの男 (2012 アメリカ)

★★★1/2

予告編で予想していたよりも断然面白かった。話がちょっとうまく行きすぎだし、矛盾しているところもあるにはあるのだが、最後の最後までドキドキが持続。

あと、映画自体が面白かったのもさることながら、本作の邦題にも感心した。

原題は「Man on a Ledge」。直訳すれば「出っ張りの男」。「出っ張りにいる男」と「人生の崖っぷちにいる男」を掛けている。うまいっ!

2012年7月4日水曜日

PowerShot S100のレンズエラー

今日、CanonからPowerShot S100の一部、レンズ内部の部品が断線しレンズエラーとなるものがある、というお知らせメールが届いた。

Canonに製品を登録している人にはこうしたお知らせが届くが、登録してない人も多いと思われるので書いておこう。

【故障する可能性がある製品】
PowerShot S100の底面にあるシリアルナンバーが29~41の数字で始まるもの

【対応】
レンズエラーが発生し、レンズ内部の断線が確認された場合は、保証期間を過ぎていても無償修理

断線が発生しない可能性もあるのでリコールにはなっていない。レンズエラーが起きて断線が確認された場合は無償修理されるというだけだ。

なお、うちのPowerShot S100のシリアルナンバーは44から始まるのでセーフ。

2012年7月1日日曜日

浅草知って紅団 第2弾をやってみた

浅草の「三十坪の秘密基地」がやっている、ヒントを基に街を歩きクイズの答えを探すという謎解きウォーキングの第二弾をやってきた。

第一弾は、「浅草から消えた五つのタワーの謎」というタイトルで、浅草の町を歩き回るというものだったが、第二弾は「消えたXXを探せ!」というタイトルで、スカイツリーがある押上と浅草を歩くことになる。消えたXXが何かはやってのお楽しみ。

第二弾の新しい趣向として、ヒントブックに載っている写真と同じアングルの写真を撮るというものがあった。3問あったが、そのうちの1問はちょっと難しいかも。昔の写真と同じアングルで撮らなくてはいけないのだが、写真に写ってる建物は既に存在しないし、それ以外のところも今はまったく面影がないので。

上のちょっと難しい写真問題は間違える人が結構いるかもしれないが、それ以外の問題はかなり易しい。所要時間は2時間と書かれていたが、実際には途中お茶をしたにもかかわらず1時間で終わった。第一弾は、所要時間1時間半〜2時間と書かれたいたが、実際には4時間ぐらいかかる難しさだったけれど。

三十坪の秘密基地の人に聞いたところ、第一弾は難しすぎるという声が多かったようで、第二弾は簡単にしたようだが、いくらなんでも簡単すぎるかな。

第1弾は上級者向け、第二弾が初級者向けという感じ。これからやる人は、最初は第二弾からやり、面白かったら第一弾をやったほうがいいかも。