2012年2月27日月曜日

東京マラソンの不手際その1

川内選手が14位に終わってしまった原因の一つが、3回もスペシャルドリンクを取れなかったことによる身体的および精神的ダメージによることは明らかであろう。もちろんあまりに人気が出すぎて重圧もあったろうし、TV出演や取材などで予定通りの練習ができなかったなどの理由もあろうが、当日のスペシャルドリンクの影響は大きいはずだ。

川内選手は、自分のドリンクを見つけられなかったことは自分の責任であるように言っていたが、それは違う。これは明らかに東京マラソンの運営側の責任である。

今回の東京マラソンのスペシャルドリンクの置き場所の写真を見てみよう。これとかこれとかこれとか。ドリンクがごちゃごちゃと密集して置いてあって、どれが自分のものか分からない。

次に、東京マラソンより1万人も多い4万人超のランナーが走るニューヨークシティマラソンの写真はこれ。同じく4万人を超えるロンドンマラソンの場合はこれとかこれとか。

どちらの大会も、ドリンク同士の距離を空けて置いてあることが分かる。距離があいているから、日本みたいにドリンクの上に飾りをつけたり、取っ手を付けたりしなくても見分けがつくようで、誰もつけてないことも分かる。特にニューヨークの場合、テーブルの両側から取れるようになっていて取り易そうだ。

皆さんはマラソンのトップランナーが平均時速20kmで走っていることをご存知だろうか。

時速20kmと言われても、どれぐらいの速度かピンと来ないだろうが、変速ギアがついてないママチャリでは、普通の人は平地ではなかなか出せない速度だ。脚力の強い人が一生懸命漕いだ速度が20kmいくかいかないか。そんな速いスピードで彼らは走っているのだ。

 では、ママチャリに乗って、下り坂を普段よりも速い速度で下っているところをイメージをしてもらおう。イメージできただろうか。 次に、自分の周りに10台の自転車がいるところをイメージしてもらおう。

非日常的なイメージなので想像しにくいかもしれないが、その速度で走りつつ、他の自転車にぶつからないようにその集団から抜け出しつつ、会議テーブルにごちゃごちゃと置かれている自分のドリンクを見つけてサッと取るというのが、昨日の川内がやらなければいけなかったことなのだ。どう考えても無理である。

なんでそんなことになったかといえば、東京マラソンでは、スペシャルドリンクを置ける人はなんと100人もいるからだ。(エリートランナーの募集要項)(pdf)

100人全員がスペシャルドリンクを置くとは限らないが、100本近くのドリンクボトルがあるからこそ、上の写真のように机にぎっしり状態となってしまうのだ。

ニューヨークシティマラソンの場合、優勝を狙えるエリートランナーと2時間35分以内で走れるサブエリートランナーに分かれている。サブエリートは日本同様100人いるのだが、スタート地点で一般ランナーから区別されて有利などの特典はあるものの、スペシャルドリンクを置ける特典はないようだ。もちろんそれはそうだ。上のリンクの写真のようにすかすかにドリンクを置くためには、ドリンクの本数を制限しなくてはいけない。東京マラソンでは、大盤振る舞いしすぎているのだ。

時速20kmということは、秒速5.6mである。 1秒遅れただけでも6m近く置いていかれてしまうので、スピードを緩めることはできない。トップスピードのままドリンクを取らなくてはいけないのだ。 ましてや立ち止まって探すなんて論外。たった3秒でも約17m遅れてしまうのだから。

しかも、一旦、立ち止まるとフルスピードに戻すまで時間がかかる。それに、ランナーなら分かるが、一旦、立ち止まると筋肉の疲れが急にどっと来るし、元のリズムと速度に戻すのが大変なのだ。そもそも17mの差を追いつくのも大変だ。余裕のあるジョギングペースで走っているのなら簡単に追いつけるが、限界に近いスピードで走っているのだから、そう容易ではない。

ただ、日本ではスペシャルドリンクを取りにくい状況は、東京マラソンに限らず、ほかのマラソン大会でも似たりよったりなのだ。日本のマラソン大会の運営者側は、上に書いたようなことをちっとも分かっていないのだ。要するに素人集団が運営しているのではないだろうか。

運営者の決定権を持っていたり、発言権を持っている人に、どんなレベルであれフルマラソンを走ったことがある人がいないのではないだろうか。あるいはいるにしても、昔ながらの根性論を振りかざす、お年寄りなのではないだろうか。「気合があれば、ドリンクは取れる!」のような。そもそも日本では給水の重要性が軽視されがちで、箱根駅伝で給水可となったのは、実に1997年になってからだ。いかに陸上競技のお偉いさんが根性論を振りかざしているかが分かる。

話題になったのは川内だけだが、第1集団、第2集団の選手のほかの選手にもスペシャルドリンクを取れなかった人はいると思う。東京マラソンの運営側は今回のことを真剣に受け止めてぜひ改善して欲しい。(2011/3/6追記 3月4日に開催されたびわ湖毎日マラソン有力候補だった堀端宏行選手もやはり給水に失敗した。もちろんこの大会もやはりごちゃごちゃとドリンクが置かれていた)

今後、東京マラソンを海外の一流大会並みの運営にするためには、話題集めだけでなく、こういうランナーのための運営をきっちりやっていく必要がある。そのためには、ニューヨークシティマラソンやロンドンマラソンを視察に行くべきだ。

第1回東京マラソンを開催するに当たっては、石原都知事ご一行様がニューヨークシティマラソンを視察したらしいが、そんな上の人が物見遊山気分で行くのはまったく無意味。運営者側が見学ではなく、研修のような意識で色々なことを学んでこなくてはいけないと思う。



The Elder Scrolls V: Skyrim

去年の12月からハマってるThe Elder Scrolls V: Skyrimのある夜。

オーロラが出るのは珍しくもないけど、大抵は緑のオーロラ。赤っぽいオーロラはあまり観た事がないかも。おもわず見とれた。

2012年2月26日日曜日

タイム (2011 アメリカ)

★★★1/2

SF映画として観ると、詰めが甘いというか、細部が描かれてないので不満があるが、監督はおそらくSFファンではなく一般受けするように、あえてSF臭が最小限になるようにしてるのだろう。

思えば、アンドリュー・ニコル監督の初監督作品である名作「ガタカ」も、SF映画でありながらSF面はアバウトだった。それでいながら、独特のスタイリッシュな雰囲気と感動するストーリーで素晴らしい映画に仕上がっていた。

ただ、ガタカを引き合いに出したついでに本作と比べてしまうと、正直、ガタカのレベルにはまるで及ばない。ただ、ガタカは素晴らしい映画ではあったが、やはりマニアックだった。本作では、一般受けしやすいというか、かなり大衆寄りになっており、興行収入的には仕方ないのだろう。

2012年2月19日日曜日

アドベンチャーゲームあれこれ

最近、iPhoneで、立て続けにMyst系アドベンチャーゲームをやったが、やっぱりこの手のゲームは面白い。早くゴールに辿り着きたくて夢中になってしまう。

The Secret of Grisly Manor
The Secret of Grisly Manor
移動する部屋数が少なめ。パズルも分かりやすいので初心者にオススメ。一応、英語版だが、英語を読まなくてもゲーム進行は特に困ることはなかろう。何をすれば良いのかは見れば分かる。ただ、短めなのでこの手のゲームに慣れている人には物足りないかも。ただし、次に紹介するロストシティの発売記念で、今は期間限定無料キャンペーン中なので、ダウンロードしておいて損はない。The Secret of Grisly Manor - Fire Maple Games無料キャンペーン中

ロストシティ
ロストシティ
私がやったときはThe Lost Cityという英語版だったのだが、ごく最近、バージョンアップにより日本語版に。もっともThe Secret of Grisly Manor同様、英語版でも一向に困らないタイプのゲームなのだが。マップの構成はちょっと複雑だが、オートマップなので困ったときはマップを見ればいい。こんなやりがいがあるゲームが85円なんて安すぎる。ただ、上のThe Secret of Grisly Manorもそうなのだが、ラストがあっさりし過ぎ。ちょっと拍子抜けするかも。The Lost City ロストシティ - Fire Maple Games¥85

Mystery Mania
ほろりとさせられるストーリー。上の2作と違って、こちらは脱出ゲームと言ってもいいかも。ただ、脱出ゲームにありがちな理不尽さはない。比較的簡単に次の部屋に移動できる。4年ぐらい前にリリースされたときは430円だったらしい。その後、半額ぐらいに値下げされ、今は85円。iPhoneゲームの質が劇的に向上している今はこれぐらいの価格で適正かな。というか、最近、質の高いゲームがちょっと安すぎる気はするが。ソフトも廉価多売の時代なのかもしれないけど。なお、このゲームも日本語対応になった。Mystery Mania - Electronic Arts ¥85

Myst
言わずと知れたアドベンチャーゲームの金字塔。リリースされた1993年当時、こんなスゴいゲームで遊べて、Macユーザで本当に良かったと当時思ったものだが、その後、ありとあらゆるプラットフォームに移植された。ヒントを調べずにゴールまでたどり着くのはかなり難しい。やりがい満点。当時はものすごくキレイだと思ったグラフィックも今となっては見劣りするが、独特の寂寥感とミステリアスな雰囲気は抜群。ちなみにwikipediaによると、iPhoneアプリが出る前には、Windows、セガサターン、3DO(うわ、懐かしい)、PS、PSPに移植されたそうだから、人気の程が窺い知れる。ちなみに今回、Mystを買って始めたが、途中で挫折。やっぱりMystは手強い。Myst 日本語版 - SUNSOFT¥500

2012年2月15日水曜日

これも2000GTなの?

2000GTずらり
昨年、あるショッピングモールのイベントで撮った写真だが、ずらっと並んでいるのがトヨタの2000GTだというとこは、車に詳しくない私でも分かる。

いや、ウソ。

ナンバープレートに2000GTって書いてあるから分かったというのが本当のところ。何も書いてなかったら、もしかして2000GT?って感じだったかも。

よくみると違う形
ただ、一番端っこにあった、この車はなんだろう?全体のデザインは似てるんだけど、よく見ると、リトラクタブルライトになってない。しかも他の2000GTはナンバープレートに2000GTと書いてあるのに、この車には書いてない。

2000GTのイベントなんだから2000GTかな、とは思うけど、リトラクタブルライトじゃないバージョンもあったの?

2012年2月12日日曜日

ドラゴン・タトゥーの女 (2011 アメリカ、スウェーデン、イギリス、ドイツ))

★★★1/2

デビット・フィンチャー監督がリメイクするというからオリジナルのスウェーデン版「ドラゴン・タトゥーの女」と違う高いレベルにあるのだろうと思いきや、オリジナル版の忠実な再現。

ストーリーが一緒というだけでなく、映像も驚くぐらい一緒。ストーリーも細部で異なるところもあるにはあるが、全体としては何のためにリメイクしたのかまったく意味不明なぐらいに一緒。(私が鑑賞したオリジナル版は完全版。短いバージョンでは多少違うのかも。)

はっきり言ってオリジナル版を観た人は観る意味がない。逆にオリジナル版を観てないのならば、観る価値はあるだろう。オープニングで流れるレッド・ツェッペリンの「移民の歌」はカッコいいし。

久しぶりに聞く「移民の歌」(Immigrant Song)があまりにカッコイイので、iTunes Music ストアImmigrant Song - レッド・ツェッペリンⅢで購入。150円。思えば30数年前に買ったLPは持ってるが、データとしては持ってないので、随分長いこと聞いてなかった。久しぶりに聞くが、レッド・ツェッペリンはやはり最高。高校生から大学生にかけて、すべてのアルバムを集めたが、またiTunes Musicストアで全部買い直すかな。

と、話が逸れた。

映画に話を戻すと、この映画は、途中で猛烈にモザイクが入りまくるので、そういう耐性がない人は要注意。ゆめゆめウブな若者が初デートで観る映画に選んではならない。しかし、モザイクが入る映画って、何十年ぶりに観たかな。(ちなみにどれだけ激しいシーンなのかと思いきや、そのシーンをキャプチャした画像をアップロードしてるサイトで確認したが、なぜモザイクを掛けたのか分からない程度。別に性器が写ってるわけでもない)

米国では当然ながら成人指定。なのに日本ではR15+。つまり15歳以上は鑑賞可。モザイク入れたから年齢を引き下げて大丈夫という判断はどうなのか。暴力シーンも激しいので、日本でも成人指定で良かったのではないかと思う。

ハンター (2011 オーストラリア)

★★★

オーストラリアのタスマニア島で絶滅したタスマニアタイガーを探す主人公ハンターを巡るサスペンス。

だが、主人公にタスマニアタイガーを探すよう依頼者は何のために探させているのか、誰が悪者なのかなどの詳しいことがあまり語られない。しかも、何のために写したのかもよく分からないシーンがあったりするため、主人公が何を考えているかのも、今ひとつ分からない。

最後には、なんとなくこうかなというのは分かってくるが、あまりクリアではない。ちょっと不思議な映画。



2012年2月11日土曜日

ポケモンタイピングDSを買ってみた

子供用ゲームなのに、なぜか本気で使えるBluetoothキーボードがついてくると去年話題になったポケモンタイピングDS が、Amazonで52%offになったので買ってみた。 があるが無難に黒を選択。

結論から言えば、これが2,779円(白は2,918円)は激安。間違いなく買いだ。

良い点
書見台付き
  • 電源が単三電池2本であること。
    今までに買ったBluetoothキーボードはすべて充電式。充電用USBコードを持って歩く必要があり不便だった
  • キーボードのピッチがフルキーボード並
  • iPhone/iPadを置ける書見台が付属
悪い点は今のところ特にない。

iPhone/iPadなどでBluetooth機器として認識させるためには、キーボードのFnキーを押しながら電源をオン。日本語・英語の切り替えは家アイコン+スペースキー。家アイコンがMacでいうところのcommandキーというわけだ。
他のキーボードとの比較

早速使ってみると、手の大きい私でもサクサク打てるキーピッチ。

それもそのはずAキーからLキーまでの距離を計測してみたところ16.5cm。フルキーボードは16.7cmだから、たった2mm短いだけ。9個のキーで2mmしか差がないわけだから、その差は全く感じられない。

手が小さい子供用ゲームであることを考えると、フルキーボードを採用しているのはまったくもって不思議だが、こちらとしては有り難い限り。

タッチは、若干フニャフニャ感がある軽めのもの。キーストロークは若干浅め。

悪い点はないと上に書いたが、使う上で不便なところはある。それは一部のキーにおいて、キートップに書かれている文字が入力できないこと。ただ、これはこのキーボードが悪いわけではないので、悪い点に入れなかった。

Macでは昔から対応していて問題とならないのだが、WindowsではWindows 7になっても未だに解決してないことで、日本語キーボードと英語キーボードの文字配列が異なるために起こる。

このポケモンタイピングのキーボードは106とかの日本語キーボードであり、一方iPhoneは101などの英語キーボードにしか対応しておらず、キー配列がキートップの表示通りに入力できないのだろう。

Windowsではレジストリを修正することで、この問題を解決できるが、iPhoneの場合はどうにもならないかな。

2012年2月6日月曜日

コストコ座間店に行ってみた

コストコの座間店が昨年12月にオープンした。今日は有給休暇を取ってお休みだったので、初めて行ってみた。

思えば2000年に幕張店がオープンし、2002年に多摩境店ができるまでの2年間、高速を飛ばして幕張店にせっせと通っていた。高速料金も高かったが、なにより遠かったなぁ。

いくら商品の価格が安くても高速料金がかかったら意味が無い気もするが、この頃のコストコは今と違ってアメリカからの直輸入品が多く、洋服のサイズもアメリカサイズだったので、高速料金をかけても行く意味があった...ということにしておこう。 

多摩境店ができてからはずいぶん近くなったが、店舗周辺の道が狭くて渋滞がひどいので川崎店ができてからは川崎店に行くようになった。さらにその後、金沢シーサイド店ができてからは、ちょっと距離はあるものの道が広くて道が混まないので、金沢シーサイド店に行くようになった。 

そして、座間店ができたわけだが、ここはかなり近い。試しにmapionの距離測で家からの直線距離を測ってみた。(幕張店は海を超えているので、道なりの距離も測ってみたところ58kmだった。往復116kmか。遠かったはずだ。)

幕張店44.8km
多摩境店16.7km
川崎店16.7km
金沢シーサイド店22.5km
座間店13.3km

座間店がかなり近いし、幹線道路で行けるので、道さえ空いていれば近いことは分かったが、多摩境店同様、店舗周辺の道が狭い。土日は地獄のように混むんじゃなかろうか。今度は土日に行ってみなくては。



2012年2月5日日曜日

ペントハウス (2011 アメリカ)

★★★1/2

ベン・スティラー主演映画なので、「ナイト・ミュージアム」みたいなお笑い映画かと思ったら、なかなかどうしてちゃんとした映画。ちょびっとだけ笑えるシーン、会話もあるにはあるが、それはあくまで要素の一つ。

金融犯罪者にだまされて年金や有り金を盗られた高級マンションのバトラーサービス係達が復讐してお金を取り戻す話だが、シリアス感はゼロでありながら、お笑いになるでもなく、バランスが取れている。予想をかなり超える、当たりの映画だった。

ちなみに、かつては飛ぶ鳥を落とす勢いだった、あのエディ・マーフィが脇役で出ているというのはちょっと驚いた。