2012年1月30日月曜日

寒川神社の露店

昨日の日曜日、寒川神社に行ってきた。寒川神社は、茅ヶ崎と厚木の中間ぐらいの位置にあり、相模国の一宮である。つまり昔で言うところの相模国で、最も社格が高い神社ということだ。相模国の一宮は、他にはかの有名な鎌倉の鶴岡八幡宮しかない。

そんな格の高い神社に行ったのにもかかわらず、実は参拝してない。お賽銭をあげるどころか、手を合わせてすらいない。それどころか、本殿の前にすら立ってない。本殿まで20mぐらいのところまでは行ったが、そこできびすを返してお目当ての場所にまっしぐら。

私のお目当ての場所こそ、タイトル通りの露店だ。

寒川神社に来る露店は、他ではあまり見たことがないような食べ物(ステーキ串とか、鳥皮餃子とか、鳥皮炒めwithキムチとか)があるうえ、質・量ともにコストパフォーマンスが良いので、毎年、初詣がてら食べに行っている。

ただ、今年はもはや初詣とは言えない1月29日になってしまったので、露店がいるかどうか不安だったが、ぐぐってみると寒川には1年中露店が出ているらしいので行ってみた。例年は成人式の頃に行っているが、その頃に比べると露店の数が若干減り、食べ物のバラエティも少し減っていたが、それでもまだまだ沢山いる。

寒川神社公式HPより
寒川神社の露店は、上に書いたようにコストパフォーマンスがすごく良く、値段は大抵500円なので他の神社に来ている露店と一緒だが、どの食べ物もパックのフタが閉まらないぐらいの超大盛り。しかもおいしい店が多く、お祭りにありがちなボッタクリ感は皆無。満足度が非常に高いのだ。たぶん店がほぼ常設で競争が激しいせいで、おいしくない店や高い店は淘汰されてしまうのだろう。競争原理が客にとって良い方向に向かっている好例だ。

ただ、こうして私が楽しみにしている露店だが、寒川神社に参拝に来てもその存在に気付かずに帰るヒトも多いのではないかと思う。11番の鳥居をくぐり参道を歩いて1番の本殿に向かい、帰りも参道を歩いてしまうと露店に気付かない可能性が大。露店は境内の一角にまとまっているのだが、露店コーナーがあるという看板や案内が出ているわけではないし、樹木に隠れて参道からは見えない。

より一層分かりにくくしているのが、本堂の脇、図の2番にある「お帰りはこちら」という大きな看板。おそらく三が日は大変な人出なので、2番の出口から参拝客を返して境内を一方通行にしないとエライことになってしまうのだろう。だが、2番から出てしまうと露店に行くことはできない。

露店は右下の7番の南門を出たところ、赤い四角で囲った地区、第1駐車場の隣りにあるのだ。寒川神社に行ったことがあるが、露店に行ったことがない方にはオススメだ。

HUBBLE 3D ハッブル 宇宙望遠鏡 (2010 カナダ)

宇宙に浮かぶハッブル宇宙望遠鏡の修理に向かうスペースシャトル・アトランティスを描いたIMAX専用映画。素晴らしくキレイな宇宙の映像をIMAXの巨大スクリーンで堪能できる。

しかし、ただでさえ狭いスペースシャトルの中に、IMAXカメラを持ち込んで撮影していることに驚く。撮影クルーがいるわけではないので、修理で忙しい宇宙飛行士達が撮影しているのだから。

宇宙飛行士達も大変だったろうが、撮影に協力するNASAが偉い。日本の宇宙航空研究開発機構JAXAが許可するなんてことは金輪際ありえないね。

公式サイト(英語)

2012年1月29日日曜日

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 (2011 アメリカ、フランス、イギリス)

★★★1/2

イギリス首相暗殺計画を阻止するべく活躍する、いや、ドジを踏みつつも結果オーライで阻止するMI7の工作員ジョニー・イングリッシュ。

ドジは踏んでいるが、ドタバタ映画にはなってないし、例えば「裸の銃を持つ男」シリーズのようなくだらないギャグ映画でもない。適度に笑えるバランスの取れた作品。

エンド・クレジット中に流されるオマケの映像は秀逸。最初はNGシーンかと思ったが、さにあらん。NGどころか、かなり練習した成果だ。席を立たず観ることをオススメする。

2012年1月25日水曜日

H.G ウェルズ

iBooksで、著作権切れの名作の数々が無料でダウンロードできる。チャールズ・ディケンス、シェークスピア、アーサー・コナン・ドイルなどの誰もが知ってる名作が無料。いずれも英語だけど。

この機会に名作を原文で読もうと幾つかダウンロードしていて気付いたのが画像の本。ご存じH.G.ウェルズのタイムマシンだ。

日本では必ずH.G.ウェルズとファーストネームとミドルネームが省略されて表記されるが、本当はハーバート・ジョージ・ウェルズという名前だったのか。

私だけでなく、H.G.ウェルズのフルネームを知らない日本人って多いと思う。どうして省略しちゃたのかな。前出のアーサー・コナン・ドイルなどはフル表記されてるのに。

今となってはハーバート・ジョージ・ウェルズ、ハーバート・G・ウェルズ、ハーバート・ウェルズなどと表記されても誰のことか分からないよ。

逆にアーサー・コナン・ドイルも、A.C.ドイルなんて省略表記したら、誰のことかピンとこないね。

2012年1月23日月曜日

錦織の対戦成績

またしてもツォンガに勝って全豪ベスト8とは。素晴らしい。途中、コートのサーフェースの修繕で10分間中断したが、集中力が途切れることはなかったようだ。

しかし、ツォンガとは本当に相性がいいね。昨年10月の上海オープンでの勝利に続いての2連勝ということになっているが、それは公式戦での話。

実際には先週メルボルンで行われた、クーヨン・クラシックというエキシビジョンマッチでもツォンガと対戦しており、そのときも1─6、6─4、6─1と逆転勝ちしているので、実は3連勝。

ちなみにこれまでトップ10の選手と15回対戦しており、4勝11敗。勝率.267である。(2013/5/11更新。7勝19敗 勝率.269)

印象としては錦織は第一セットを取られてからの逆転劇が多いような気がするが、20勝53敗の勝率.274となっており、実は第一セットを取られたら負けるほうが多い。

その一方で、第一セットを取った場合の勝率は、なんと43勝2敗で勝率.956。スロースターターで第一セットを落とすことが多いが、取れた場合はまず勝てるということになる。

ついでに書くと、右利きの選手との勝率は、.529、左利きの選手との勝率は.571となっており、特に得手不得手はないようだ。

錦織が全豪オープンの主催者インタビューで、「これで日本のテニス人口が増えると思う」と喋っていたが、確かに今テニスやってる人少ないもんなぁ。

70~80年代のテニスブームの真っ盛りのときにテニスをやっていた私としては寂しい限りだが、本当にこれでテニス人口が増えてほしいものだ。

2012年1月21日土曜日

ALWAYS 三丁目の夕日 ‘64 (2012 日本)

★★★

3Dでも上映しているが、3Dを活かせるのは、おもちゃのプロペラ飛行機のシーンぐらいだろうと思い、2D上映で鑑賞。3Dを活かせるようなシーンは、実際にはもうちょいあったが、やはり2Dで十分だったかな。

何回かうっすら涙ぐんだ良いシーンもあったが、前2作に比べると感動はやや薄いように感じた。やや予定調和的だったかもしれない。

今回は、東京オリンピックが開催された1964年を舞台としているが、当時、私は5才。オリンピックに興味を持つにはまだ幼すぎ、この映画でも描かれている開会式の日は、近所の材木屋の前の路上で友達数人と遊んでいたのを覚えている。まあ、5歳児がそのとき何をしていたか覚えているぐらいだから、オリンピックが何か特別なものだというぐらいの認識はしていたのだろうが。

2012年1月12日木曜日

2011年映画ベスト10

2010年の映画ベスト10では「インセプション」を1位に選んだが、2011年は突出した映画がなかった。いっそのこと10本を同率1位にしてしまおうかと思ったぐらいだ。お陰でベスト10を選ぶ前にえらく時間がかかってしまった。

それでもなんとか第1位と第2位は決まったが、残りの8本はあまり差がない。順番はあってないようなものだ。

2011年の特徴としては、「X-MEN」、「ミッション・インポッシブル」、「猿の惑星」とシリーズ物が3本も入ったことだ。

昔はシリーズ物と言えば本数を重ねれば重ねるほど質が落ちていったものだが、最近は映画業界も柳の下のドジョウに甘んじていても興行収入が上がらないことに気づいたようで、シリーズ物も本数を重ねてあまり質が落ちなくなった。ランキングには入れなかったが、2011年は「ハリー・ポッター」と「パイレーツ・オブ・カリビアン」も公開されたが、どちらも悪くなかったし。

さて、そういうことで遅ればせながら、2011年のベスト映画トップ10だ。

第10位
復讐捜査線
企業の不正を暴こうとした娘を殺され、巨大企業に死の戦いを挑む刑事をメル・ギブソンが熱演。壮絶な戦い過ぎて、ややB級感漂うが熱い。

第9位
モールス
吸血鬼の少女に恋した少年を描いた、ラブロマンス&ライトホラー。ラストがプチ怖い。オリジナルの「ぼくのエリ 200歳の少女」も観ようと思いつつまだ観てない。

第8位
ゴーストライター
英国の元首相の自叙伝の執筆を依頼されたゴーストライターがインタビューを重ねるうちに、前任者のゴーストライターの死の謎や元首相の過去について知りすぎてしまうというサスペンス映画。派手なアクションはないが、ひしひしと迫るサスペンスを描いている。さすがポランスキー監督。ひたすらどんよりとした冴えない天気も、サスペンス感を強調するのに役だっている。

第7位
この愛のために撃て
偶然事件に巻き込まれ、妻を誘拐されることになった平凡な男が悪者に戦いを挑むノンストップアクションが心地よい。最近、フランス映画のアクション映画は面白い。

第6位
X-MEN:ファースト・ジェネレーション
観るまでは全然期待していなかったのだが、X-MENのエピソード0に当たる本作はよく出来ていた。

第5位
アンノウン
一時的な記憶喪失に陥った男が巻き込まれるアクション。カーチェイスの時点で、ハハ〜んと観客も察してくるが、よく出来たストーリー。

第4位
トゥルー・グリット
西部劇って本当に熱いな。特に昔と違ってお気楽感はゼロになったし。お気楽といえば、本作はジョン・ウェイン主演の「勇気ある追跡」と同じ原作の映画化。「勇気ある追跡」のリメイクというわけではない。「勇気ある追跡」はそれこそお気楽な西部劇の時代に作られた作品なので安心して観ていられるが、本作「トゥルー・グリット」では主人公や主要な登場人物と言えどもいつ死ぬか分からないという緊張感がある。未読だが、原作の小説により忠実に映画化したそうだ。

第3位
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
あまりに有名なのであまり書くことはないが、シリーズ作品の中でもかなり面白い方。スタントを使わずに高所での撮影に挑むトム・クルーズって、お馬鹿さんなのか勇気があるのかなんだかよく分からない。

第2位
SUPER 8 スーパーエイト
一般的にはもっと評価が低いかもしれない。実は私も映画自体にはそれほど感動したわけでもない。特に終盤はもう少し驚きや盛り上がりがあっても良かったのではないかと思う。だが、何に感動したって、主演女優の少女、エル・ファニングの演技の上手さには本当に感動した。彼女が劇中劇の中で演技する2つのシーンは何回でも観たい。

第1位
猿の惑星:創世記(ジェネシス)
「ロード・オブ・ザ・リング」でゴラムを演じたアンディ・サーキスが演じるチンパンジー、シーザーが素晴らしい。「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」がエピソード0だったが、本作も猿の惑星のエピソード0。どちらもうまく第1作に繋がっていた。

2012年1月9日月曜日

宇宙人ポール (2011 アメリカ)

★★★★

イギリス人のSF作家とSF小説の表紙画家の二人が、二人にとって憧れの聖地、エリア51、ブラック・メール・ボックスなどのUFO関連の地を訪れる。ひょんなことから本物のエイリアンにヒッチハイクされ、メン・イン・ブラックに追われつつエイリアンを連れて逃げる。

このエイリアンがくそ生意気だけど憎めない奴。小説家と画家の二人も、二人揃ってコミコンに行くようなオタク。道中出会う奴らも変人揃い。正に珍道中と言うにふさわしい。

笑える映画だが、この映画の楽しみは他にもある。沢山の映画へのオマージュを交えつつ進行するので、映画ファンなら楽しめるシーンやセリフが満載。

私が分かったのは「スター・ウォーズ エピソード4」、「スター・ウォーズ エピソード6」、「未知との遭遇」、「レイダース 失われた聖櫃」、「インディ・ジョーンズ 魔球の伝説」、「激突!」、「エイリアン」、「メン・イン・ブラック」と言ったところか。スティーブン・スピルバーグ本人も声だけで出演。

2012年1月3日火曜日

2011年の初乗り&初コケ

今日は川の土手のサイクリングロードで初乗り。

年末に渋谷のアディダス・パフォーマンスセンターで買ったWind Stopper素材のジャケットとパンツのお陰で全然寒くない。

気持ち良く走ってたが、こっちから見て左寄りを向こうから走ってくるランナーを避けて右側に寄ったとき、ちょっとした段差にタイヤを取られて落車。

自転車はチェーンが外れただけでなんともなかったが、かなりスピードが出ていたので、右手の手袋(ゼビオのストレッチグローブ)が擦れて破け、手の平に怪我をした。あっ、なんてこったい。買ったばかりの黄色のジャケットに血がついちゃった。

右膝も怪我したが、不思議なことにパンツが傷んでいるのは腿の部分。怪我した場所と全然違う。手袋も破れた場所と怪我した場所が違うけど、ストレッチ素材なので擦れて伸びたんだろうと想像がつくが。パンツについた血は内側だから問題なし。

ファーストエイドキットを持っていたので、血が出た場所は特に問題なかったが、左手を地面についたらしく、左腕全体、左肩、そして何故か右の肋骨がちょっと痛い。

やはり自転車のときはファーストエイドキットが必要だね。あと、手袋も自転車用じゃないのを使ってたけど、手のひらにパッドが入ってるものじゃないとダメだなと反省。ヘルメットは当然必要として。

2012年1月1日日曜日

2011年に劇場で観た映画

一昨年の2010年に劇場で観た映画の本数は63本だったが、去年の2011年はどうだったかな。勘定してみよう。

 お、偶然ながら2年連続で63本。2009年は51本だから、この数年はやや多めということになるかな。

1年は52週だから、毎週1本以上観ている計算になる。それ以外にDVD/Blu-rayやWOWOWの映画も観ているわけだが、封切りで観ることが多くなったので、以前に比べればDVD/Blu-rayやWOWOWで観る機会がかなり減ってきた。

その63本は以下のとおりだが、印象が薄いものはタイトルだけ見てもどんな映画か思い出せないものもあるなぁ。

ニューイヤーズ・イブ★★★
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル★★★★
リアル・スティール★★★1/2
タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密★★★1/2
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1★★★★
テイカーズ TAKERS★★★1/2
コンテイジョン★★★1/2
マネーボール★★★★
インモータルズ★★★1/2
ミッション:8ミニッツ★★★1/2
オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン★対象外
カウボーイ&エイリアン★★★
ブリッツ★★★1/2
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー★★★
ワイルド・スピード MEGA MAX★★★
猿の惑星:創世記(ジェネシス)★★★★1/2
4デイズ★★★1/2
ザ・ウォード/監禁病棟★★★
スリー・デイズ★★★1/2
サンクタム★★★
世界侵略:ロサンゼルス決戦★★★★
ミケランジェロの暗号★★★1/2
マイティ・ソー★★★
ハンナ★★★★
ゴーストライター★★★★
メカニック★★★1/2
この愛のために撃て★★★★
デビルクエスト★★★
モールス★★★★
トランスフォーマー ダークサイド・ムーン★★★
復讐捜査線★★★★
デビル★★★1/2
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2★★★★
アイ・アム・ナンバー4★★★
赤ずきん★★★
ラスト・ターゲット★★★1/2
パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉★★★
SUPER 8 スーパーエイト★★★★1/2
スカイライン-征服-★★★1/2
X-MEN:ファースト・ジェネレーション★★★★
ファースター 怒りの銃弾★★★★
アジャストメント★★★
アンノウン★★★★
少年マイロの火星冒険記3D★★★★
エンジェル ウォーズ★★★★
ザ・ライト -エクソシストの真実-★★★1/2
ガリバー旅行記★★★
塔の上のラプンツェル★★★★
トゥルー・グリット★★★★
ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島★★★1/2
ツーリスト★★★
アメイジング・グレイス★★★1/2
英国王のスピーチ★★★
ヒア アフター★★★1/2
ソウル・キッチン★★★1/2
ブラック・サンデー★★★★
ウォール・ストリート★★★
ザ・タウン★★★1/2
RED レッド★★★1/2
完全なる報復★★★1/2
エリックを探して★★★★
グリーンホーネット★★★
デッドクリフ★★★
アンストッパブル★★★★

マイティ・ソー (2011 アメリカ)

★★★

封切りで観たのはだいぶ前だが書くのを忘れていた。3Dで観るほどのことはないと予想して、2D上映している映画館で鑑賞。

何も考えずに見られるアクション映画ではあるが、ギリシャ神話の基本的知識があったほうが楽しめるはず。少なくとも主人公の「ソー」と強力な槌「ミョルニル」ぐらいは知っておいたほうが良さそう。

私もマジメな知識は全然知らないが、「銀河ヒッチハイクガイド」に出てくるソーとミョルニルで基本的な知識は得ていた...と言えるのかなぁ?