2011年7月31日日曜日

Love Never Diesを鑑賞

ロンドンのAdelphi劇場で、オペラ座の怪人の続編「Love Never Dies」をやってることを知ったので鑑賞。続編があるなんて知らなかったなぁ。全然話題になってなくない?
でも、今後も話題になることがなさそう。ロンドンで2010/3/10に公演が始まったが、たった1年半弱の2011/8/27に終演になることが決定。

当日券を買って鑑賞したが、こりゃ、不人気なのも当たり前。

まず、なんといってもストーリーがダメダメ。相変わらずのクリスティーンを巡る三角関係に、今度は女同士の嫉妬が絡んでくる。しかも、その嫉妬が原因となって、とんでもないラストを迎える。オペラ座の怪人のファンで、このラストを喜ぶ人はまずいまい。なんだ、こりゃ。

さらに曲もイマひとつ。アンドリュー・ロイド=ウェーバーらしい曲もあるのだが、観終わった後でも覚えていられる曲がない。

さらにさらに、オペラ座の怪人といえば、オペラ座の地底湖、落下するシャンデリアなど目を見張る凝った舞台装置も話題になったが、本作では大掛かりな舞台装置は何もなく、というか、舞台装置は殆ど無く安上がりな感じ。

ストーリーがダメ、曲がダメ、舞台装置がダメじゃあ、早々の終演もやむを得まい。

ちなみに、本作はアンドリュー・ロイド=ウェーバーが「マンハッタンの怪人」という小説をミュージカル化したもの。この小説を書いたのが、驚いたことにフレデリック・フォーサイス。「ジャッカルの日」、「オデッサ・ファイル」、「戦争の犬たち」などのシリアスな軍事・政治ミステリの大御所なのに、何を書いてるんだ?オペラ座の怪人が好きで、自分なりの解釈で続編を書いたのかなぁ。でも、なんでまたこんなラストにしたんだか。

2011年7月18日月曜日

デビル (2010 アメリカ)

★★★1/2

ナイト・シャマランの原案・製作によるプチホラー+ミステリー。とはいえ、一応ホラーの要素はあるものの、ホラーを期待して観るとガッカリするかも。

エレベーターに閉じ込められた5人の男女が一人ずつ殺されていき、狭い密室に高まる緊張。駆けつけた警察の調べにより、5人の男女の正体と殺される理由が明らかになっていく。

この映画は、シャマラン原案の超自然をテーマとした三部作だと聞いたが(未確認)、あと2作も期待。

公式サイト

2011年7月16日土曜日

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 (2011 イギリス、アメリカ)

★★★★

この何作か、どうにも感心しない内容で、惰性だけで観てきたハリーポッターシリーズだが、本作は久しぶりに良い。

過去のエピソードとうまく繋がってることには感心した。それは映画の功績というよりは、原作者のJ.K.ローリングが、最終作品でうまくまとめたことにあるのだろうけど。

アイ・アム・ナンバー4 (2011 アメリカ)

★★★

ありがちな、というか、最近やたら沢山あるDCコミックスなどのアメリカのコミックの映画化作品ではなく、同名のSF小説の映画化。

敵に襲われ全滅させられた異星から逃げてきた9人のエイリアン。地球まで追ってきた敵に襲われて次々に殺されていき、4人目の主人公にも敵の魔手が。

というところから始まる映画だが、なんとも印象が薄い映画。先週、観たばかりなのに思い出すのも難しいぐらい。しかも主人公のナンバー4よりナンバー6のほうが強くて頼りがいあるし魅力的だし。

2011年7月13日水曜日

TREK 7.4FXを注文

今までちょこまかと自転車関連のパーツを購入してきたが、ついに一番高い買い物、自転車を購入した。

うちの近所はどういうわけかスポーツサイクルを売っている店が非常に多く、土日に自転車でせっせとサイクルショップ巡りをした。

行ったのは、自転車専門店では、サイクルベースあさひ(全国展開)、COGGY(神奈川県に7店舗)、ワイズロード(関東中心に多店舗)、セオサイクル(関東にめちゃくちゃ沢山)、バイクプラス(関東に3店舗)、総合スポーツ店ではスポーツオーソリティ、ホームセンター系ではオリンピック、スーパー系ではイオンサイクル。

最初は、あちこちの店で見かけるGIANTのRX3を買おうと半ば決めていたのだが、バイクプラス港北NT店に行って考えが変わった。

ここはアメリカのTREKというメーカーの専門店でTREKしか置いてないのだが、7.3FXという車種に試乗させてもらったところ、自転車自体を気に入ったこともあるが、なによりも店員さんがとても親切で感じが良かった。あれこれ教えてくれて、とても信頼がおける感じだった。

カタログをもらって一旦、家に帰ってからネットで情報収集したりして悩んだが、結局、その翌週に再訪して注文。

買ったのは、7.3FXではなく、前の週に新発売が発表されたばかりの上位機種7.4FX。色はLava Black。(知らない人が結構いるようなので追記。Lavaとは溶岩のこと。固まった溶岩って黒いですが、その色のこと。だから純黒ではない。というか、濃灰色。)サイズは一番大きい22.5インチ。妻には日本限定色のチリレッドを。サイズは下から二つ目の17.5インチ一番小さい15インチ

と、さも分かったように書いてるが、フレームのどこのサイズが22.5インチなのかは知らない。

とにかく計測してもらった結果、一番大きいサイズになった。アメリカにはもう一つ上のサイズがあるんですが...と言われたので、もしかすると25インチのほうが合うのかもしれないが、サイズの合ってない物、服を使わざるを得ないことには慣れている。

価格は72,000円。TREKは正規代理店でしか販売せず、GIANTのように値引きされないので定価のまま。

ただ、注文したのは6月18日だが、今は納車待ち。今週、ぼちぼち7.4FXが入荷したというニュースをネットで見かけるようになったので、うちの納車もそろそろかな。
(2011/7/31追記)
7/30に店から私の分だけ納入されたとの連絡が入った。私のサイズはあまりニーズがないから先に納入されたのかな。今日は天気が悪いから取りに行くのは来週だな。
(2011/8/13)
家内の分もようやく入荷したという連絡があった。チリレッドは人気あるのか、需要が多いサイズだからなのか、2週間も差がついた。

2011年7月11日月曜日

赤ずきん (2011 アメリカ)

★★★

ちょっとダークな解釈の赤ずきんの物語。赤ずきんちゃんもすっかり成長しており、もはや純真無垢ではない普通の若い女の子になっている。

また、この作品での狼は普通の狼ではなく人狼だ。ただ、変身シーンはなく巨大な黒い狼として描かれている。そのせいか英語のセリフでは、人狼を意味するWerewolf(ウェアウルフ)と言っているのに、字幕では一度も人狼と言ってなかった気がする。ま、変身シーンがなく、人狼と言ってなくても、そうだということは見てれば分かるけど。

日本語字幕では人狼という言葉を使ってなかった(たぶん)のは、この映画では人狼が悪魔憑きとして描かれていたためかも。人狼は教会には入れないとか。

主演はアマンダ・サイフリッド。彼女が好きという人が結構多いらしいが、私はちっとも可愛いと思わず、どこが良いのかさっぱり分からない。

2011年7月3日日曜日

ラスト・ターゲット (2010 アメリカ)

★★★1/2

ジョージ・クルーニーが、敵に追われる殺し屋に扮するサスペンス映画。いつ殺されてしまうかと、ハラハラドキドキ。緊張感に溢れており見応えあり。

ところで、この映画で何が驚いたって、観客の90%が、50代後半から60代ぐらいのオジサンだったこと。私のすぐ後ろの列には、なんとオジサン4人で観に来てた。しかも、話を聞いていると、どうやら普段は映画を観ないらしい。どうやらその世代だけが読む何かの媒体で絶賛されたようだ。

普段、映画を観ないオジサンをすら日曜日に集まらせて映画を観に来わせたんだから、相当な絶賛だったに違いない。そんなに影響力があり、かつオジサンしか観ないメディアってなんだろう。日経新聞だったら若い人だって読むしなぁ。なんか団塊の世代をターゲットにした雑誌で紹介でもされたのだろうか。

ただ、この映画にはオジサンだけが楽しめる要素なんて別にない。確かに大人のための映画ではあると思う。映画ファンでない「アンダルシア」とか「SP」とかのTV番組の延長のような映画を観に行くような若者には、ちょっと地味だろうとは思うが。ど派手なアクションシーンはないからね。

2011年7月2日土曜日

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 (2011 アメリカ)

★★★

ようやく2D字幕版を鑑賞。公開されて随分経つが、今頃になって観るというところが、この映画への期待度を表している。

というのも前作の「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」がひどかったからね。単なるドタバタで。
ま、本作もドタバタであることは違いはないんだが、ちょっとはマシ。特に人魚のくだりはいい。人魚が初めて出てくるあたりの一連のシークエンスはとてもいい。
逆にいうと人魚以外はどうもね。

そういえば、大航海時代のスペインが出てくるが、当時のスペインって世界を席巻している強大国だったのに、どうして今みたいな「観光産業で食べてます」みたいな国になっちゃったんだろうね。同じく当時の強大国のイギリスは、アメリカに抜かれはしたものの今でも主要国の一つなのに。

2011年7月1日金曜日

最近買った自転車絡みのお買い物

最近の自転車関係のお買い物。

その一
クールマックスマルチバンダナ
私は汗かきなので、ヘルメットを被ってると汗で髪がびしょびしょになってしまう。そこで、Cool Max(という布素材。スポーツウェアによく使われているので知ってる人も多いでしょう)製のバンダナを買ってみた。バンダナの被り方を知らなかったので、ココを参考に。
まだ一度しか試してないが、これは買ってよかったかも。
汗をかくことには変わりがないが、ヘルメットを脱いだあと、バンダナを被ってるので、髪が汗でペッタンコになってることが分からない。
ただ、ヘルメットを脱ぐと、バンダナを被って歩いてる自由人のオヤジに周りから見えるという欠点が。ま、慣れれば人目も気にならなくなるかな。

その二
メンテナンススタンド
自転車のチェーンの掃除などをするときに後輪を浮かせて、ペダルを回転させることが出来るようにするためのスタンド。ブレーキやギアの調整にも便利。
本来の用途はメンテナンス用ではなく、自転車を店頭なのでディスプレイするためのものなのだが、自転車屋でもメンテナンスに使ってるのをよく見かける。
最初は固くてなかなかはまらず苦労したが、グイッと少し広げてやったら、スッと入るようになって使いやすくなった。

その三
チェーンクリーナー
チェーンを洗濯するための器具。つい最近まで、チェーンはグリースでギトギトで当たり前だと思っていたが、不必要に油がついていると汚れがつくだけで、汚れがつけばスムーズな回転の妨げになることを知った。
ということで、早速BARBIERIというメーカーのチェーンクリーナーを購入。2500円弱と安い割によく出来てるし、洗浄剤とチェーンの潤滑剤が付いていてお得な買い物だった。