2011年4月24日日曜日

エンジェル ウォーズ(2011 アメリカ、カナダ)

★★★★

映像にこだわるザック・スナイダー監督の作品となれば、大画面で観るに限ると思い、IMAXシアターで鑑賞。

正直あまり期待してなかったのだが、これはいい。大迫力映像にシビれる。音楽もいいし。ユーリズミックスのスウィート・ドリームスから始まり、クィーン、イギー・ポップなどノリの良い曲が次々にかかる。

小さめのスクリーンの映画館で観ると評価が下がるかもしれない。やはりザック・スナイダー監督作品は大スクリーンで観るに限る。

ところで亡くなった妻の遺産を独り占めにしたい継父に、正常にもかかわらず精神病院に監禁された主人公の女の子が脱出を図るというストーリーだが、それを二重の夢で描く。娼館で働く娼婦という夢をみつつ、脱出に必要なアイテムを集める際は、戦士としてミッションをこなす夢をみる。

だが、こうした複雑な二重の夢を見ていることからして、もしかすると、主人公の女の子は本当に精神異常なのかも。セーラー服を着たギャルが活躍するオタク向け映画のようでいて、実は意外に深いのかも。

2011年4月22日金曜日

ザ・ライト -エクソシストの真実- (2011 アメリカ)

★★★1/2

ホラー映画を期待して観ると失望すると思うが、ホラー映画じゃないといいな、と思って観た私としては期待通り。変におどろおどろしいこけおどしのシーンがなく、割と淡々とエクソシストと悪魔の攻防が描かれている。

CGなのか特殊メイクなのか分からないが、ちょっと見かけが変わるところもあるにはあるが、アンソニー・ホプキンスの顔と演技力をもってすれば十分に怖さを表現できるはずなので、これはなくても良かったかも。

この映画は事実にインスパイアされた映画ということだが、さすがにこの映画で描かれているような悪魔祓いは実際にはなかったのだろう....たぶん。


ただ、アンソニー・ホプキンス演じるルーカス神父と、コリン・オドノヒュー演じるマイケル神父は、共に実在の神父であり、おそらくマイケル神父がルーカス神父の元を訪れて修行したという辺りは本当のことなのだろう。

ルーカス神父は、現在でもイタリアのフィレンツェでエクソシストをしており、一方、マイケル神父もシカゴでエクソシストをしており、アメリカにいる14人のエクソシストの一人だそうだが、無宗教の私からすると、ちょっと不思議な感じはする。

ちなみにタイトルのザ・ライトは、闇の悪魔に対抗する「光」という意味、すなわちThe Lightだと思った人もいるかもしれないが、実際にはThe Rite。儀式という意味。すなわち悪魔祓いのことだ。

2011年4月20日水曜日

ガリバー旅行記 (2010 アメリカ)

★★★

あまりにどうでも良い映画だったので、書くのを忘れてた。日本語吹替版を鑑賞。

予告編で見ての通りの映画。
それ以上でもそれ以下でもなし。

良くも悪くもジャック・ブラックの映画。
それ以上でもそれ以下でもなし。

字幕版だったら、もっとつまらなかった予感がする。

あるシーンで、もしかして、KISSが友情出演か?!と思ってちょっと嬉しかったが、IMDbにはそんなことは何も書いてない。なーんだ、がっかり。

良かったのはエンドクレジット。エンドクレジットが始まったことに最初気づかなった。うまい構成だ。

ちなみに、舞台となっているリリパット王国の宮殿はセットではなく、イギリスに実在するブレナム宮殿だ。

宮殿と言ってもイギリス国王の宮殿ではなく、なんとか公(知りたい人はwikiでも見て)の家であり、かのウィンストン・チャーチルの生家である。

しかし、こんなに、巨大で立派なイギリスに生まれるってどんな感じなんだろう。

2011年4月18日月曜日

クーザ(KOOZA)、2回目の鑑賞

2月にも観たのだが、そのときはやや斜めの席。でも、今回は真正面の8列目という絶好の場所。やはり正面はいい。しかも、かなり前の方だったので、演者の表情もよく見えるし。

KOOZAの売り物は、やはりホイール・オブ・デス。

ラスベガス常設の「KA」とフロリダ常設の「La Nouba」でもホイール・オブ・デスを観たが(現在では、La Noubaの演目から外されているらしい)、何回観ても毎回、観ているこちらの心臓がバクバクのドキドキ。体に悪い演目だ。実際、2月末の公演では、演者が転落してしまい、公演が中断したようだが、落ちないほうがおかしいぐらいの危険な演目。この演目を見るだけのためにでもKOOZAは観る価値ありだと思う。

2011年4月13日水曜日

季節の変わり目は面白い

私は暑がりなので、薄い夏用のスーツを、月曜日から早くも着てる。

でも、電車に乗ると、未だにモコモコのダウンジャケットや分厚いムートンのジャケットを着てる人もいる。マフラーをぐるぐる巻きにしてる人もいる。

暑くないのかなと思うけど、汗もかかずに平気な顔をしてるところからして、やはり暖かい地方の出身なんだろうな。

以前、台湾に行ったとき、暑がりの私は当然として、家内ですらTシャツを着てる気温だったのに、台湾の人達は皆、ダウンジャケットなど思いっきり冬支度なのでおかしかった。亜熱帯に住んでいる人達にすれば、まだまだ寒かったんだろう。

ということは、北国出身者から見ると、東京の人もやたら厚着してるように見えるんだろうな。




2011年4月6日水曜日

Bloggerの新しい表示方法がCool

今日、知ったのだが、Bloggerには表示方法を変えるオプションがあるのね。

一番のお気に入りは、コレ



モザイク表示

他にも4種類の表示を右上のメニューから選べるが、フリップカードもいいね。

なお、Bloggerのブログなら、どのブログでもURLの最後に/viewと勝手に付け加えてしまえば、これらの表示方法で見ることができる。