2011年1月29日土曜日

mobsync.exeの停止

タスクバーに、下のアイコンが出ている人はいないだろうか。これはネットワークサーバー上のファイルとローカルPC上のファイルを同期するための「同期センター」というソフトのアイコンだ。
実際にこのソフトを使って同期している人はいいのだが、同期してるわけでもないのに、このアイコンが出てしまうことがある。しかも、一旦現れると、消そうと思ってもなかなか消えなかったりする。私も会社のPCで出てしまい困った。

特に悪さをするわけではないのだが、使いもしないソフトが常駐してるのはイヤだ。不必要なソフトがメモリを浪費してることは確かなのだから。タスクマネジャで見ると、普段は8K前後のメモリしか使ってないが、何をしてるのやら時折3000K超のメモリを使ってたりする。

レジストリを消してしまえば消えるのかもしれないが、会社のPCゆえ管理者権限がないためレジストリを消すことができない。ヘルプデスクにレジストリを削除してくれと頼んだら、レジストリはなるべくいじりたくないので、特に支障がないならそのまま使ってくれないかと頼まれてしまった。(しかも、検索したところ、レジストリを消しても自動的に復活してしまうという記事もある。)

それならば自分でなんとかしないといけない。

仕方ないので、最初のうちは、毎朝、手動でタスクマネジャを開いて、mobsync.exeというプロセスを終了させていたが、同期センターを終了させるバッチファイルを作りスタートアップフォルダに入れることにした。この方法なら管理者権限がなくてもできるし、PCを起動するたびに自動的にmobsync.exeを終了させることができる。

この問題で困ってる人はあまりいないと思うが、一応バッチファイルの作り方を書いておこう。
  1. メモ帳を開く
  2. 下の行をコピペして貼りつける。
  3. @echo off
    ping localhost -n 10 > nul
    taskkill /f /im mobsync.exe

  4. 名前をつけて保存する。ファイル名はなんでもいいが、拡張子は.batにする必要がある。例えば、mob.batという名前で保存。
  5. 保存したファイルか、そのショートカットをスタートアップフォルダに入れる。以上。

  6. これで完了だ。これでPCを起動すると、自動的に同期センターが終了するようになる。

    (2012/5/26追記)意外に需要があるようなので、mob.batファイルをDropboxからダウンロードできるようにしてみた。自分で作るのが面倒くさい人は下のリンクからダウンロードして保存してもいい。
    mob.batファイルのダウンロード(zip圧縮してあります。一般にダウンロードされておらず危険かも、という恐ろしげなメッセージが表示されますが安全です。それでも不安な方は、上から自作してね。)

    なお、PCを起動してもタスクバーから例のアイコンは消えてないぞと思った方。それはタスクバーの情報が更新されてないだけ。Windowsのお馬鹿な仕様だ。実際には同期センターは終了している。マウスポインタをタスクバーのうえに持っていけば更新されて、目障りなアイコンは消える。


    なお、スタートアップフォルダの場所は、Vista以降分かりにくくなったが、下の場所にある。

    C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

    自分のユーザフォルダの中にAppDataというフォルダが見つからない人へ
    デスクトップ上のどれでもいいからフォルダを開き、メニューの[ツール]-[フォルダオプション]-[表示]-[すべてのファイルとフォルダを表示する]のオプションをオンにすれば、AppDataというフォルダが見えるようになる。

    最後にコマンドの説明をしておこう。


    1行目の@echo offはあってもなくてもいい。
    画面出力がほとんどないシンプルなバッチファイルなので、onにしていても1行しか表示されない。何も画面出力がないと何をやってるのか分からなくて不安という人は、1行目は書く必要ない。

    2行目で、pingを打ってるのは時間稼ぎのため。
    PC起動時に、バッチファイルが自動実行された時点では、mobsync.exeはまだ動いてないため、プロセスが見つからずエラーとなってしまう。ゆえにmobsync.exeが動き出すまで、pingを無意味に5回打って時間稼ぎ。その人の環境によってはpingを5回打つ程度の時間ではmobsync.exeが動き出さないかも。そういう人は5をもっと大きい数字にすればいい。

    3行目が一番肝心のコマンド。taskkillは、プロセスやタスクを終了させるためのコマンド。/fは強制終了を意味するパラメータ。/imはイメージ名を指定するパラメータ。そしてmobsync.exeが同期センターのイメージ名。

    (2011/3/28追記)
    環境によっては、一度mobsync.exeを終了させても、後から再起動するケースもあるようだ。そのような環境では、2行目と3行目をコピペして、追加すればいい。
    つまり
    @echo off
    ping....
    taskkill...
    ping...
    taskkill...
    とするわけだ。

2011年1月25日火曜日

エリックを探して (2009 イギリス、フランス、イタリア、ベルギー、スペイン)

★★★★

本当にイギリス映画って面白い作品が多いな。このユーモア感覚は一体どこから来るのか。結構シリアスな家族問題を扱ってるのに、ユーモアにくるんでうまく処理してしまう。

エリックが巻き込まれたトラブルをアメリカ映画で解決させたら過激なことになってしまうに違いないが、イギリス映画だとユーモアたっぷりに解決する。しかも、感動して、じわっと涙が...。

ところで、舞台はマンチェスターなのだが、マンチェスターの英語って訛りが強くて、何を言ってるのかほとんど何も聞き取れないね。英語を喋ってるとは到底思えず、未知の外国語を喋ってるとしか思えない。

そういえば、2年ぐらい前に、イギリスで映画『リトル・ダンサー』をミュージカル化した『ビリー・エリオット』を観たが、幕間の時に、隣に座っていた知らないイギリス人のオッサンに「訛りが強くて何を言ってるか分からないだろ?」と聞かれた。このミュージカルは(映画も)、イギリス北東部を舞台としているのだが、実際、訛りが非常に強くて何を言ってるのかさっぱり分からなかったものだった。

2011年1月23日日曜日

グリーンホーネット (2011 アメリカ)

★★★

コメディタッチのヒーローものとして楽しめるし、笑えるシーンやセリフも多々あったが、心に残るものはまったくない。★三つの映画でも、DVDが出たらもう一度観てみたいと思う映画も多いのだが、本作は2回観たいとは思わない。私は非3Dバージョンを観たのだが、3D版だったら少しは印象が良くなったのだろうか。

ただ、それは私にはTV版『グリーンホーネット』に対する思い入れがあるせいなのかも。

日本では、40年以上前の1966-67年にかけて放映されており、よく見ていた記憶がある。その頃、小学生1- 2年生だったので、さすがに細部は覚えてないが、CMに入る前に緑色のスズメバチがアップになり、「グリ〜ンホーネット」という声が流れていたことをよく覚えている。運転手役をブルース・リーが演じていたと知ったのは、それから30年ぐらい経った頃だろうか。

2011年1月16日日曜日

ロミオ ロバート・エリス著 (ハヤカワ文庫)

この作品は面白いのか面白くないのかと問われば面白いと答える。だが、私はこの作者の作品はもう読まないつもりだ。ついうっかり買ってしまわない限り。

この作品の最大の欠点は、ディテールに欠けるためリアリティがないところだ。特に警察小説の場合は、現実社会を舞台にしているので、ある程度のリアリティを持たせないとインチキ臭くなってしまう。この作品のように。

例えば、最初に起こる事件では、壁や天井にまで血がほとばしり、刑事でさえ足を踏み入れるのをためらうほどの凄惨な殺人現場だと言ってるのに、殺害方法はちっとも凄惨ではなく刺し傷が二つあるだけ。作者はナイフで刺すと、安っぽいB級映画のように血が噴水のように迸るとでも思っているのだろうか。

フィクションであるがゆえに、ディテールを詰めないと荒唐無稽な話になってしまい、まさにフィクションとなってしまう。スティーブン・キングのモダンホラー作品が、現実的にありえないような状況を描いていながら、真実味があるのはディテールにこだわって書いているから。

本作では、甘い描写やリアリティに欠ける状況が相次ぎ、そのたびに興を削ぐ。ストーリー自体は面白いし、二つの無関係な事件が絡み合っていくところはよく出来ているのに惜しい。

追記
あと、ひとつこの本について喜ばしくないことがあるのを思い出した。

私は文庫本に本屋のカバーはつけない。本屋で買ったままの状態で電車の中でも読む。人にどんな本を読んでるのか見られても恥ずかしくない本を読んでるつもりだしね。

でも、この本だけはカバーをつけた。というのも、この本の表紙は、以下のようにハーレクイン文庫の本みたいなデザインなのだ。いい年したオッサンがロマンス小説かよと思われるのが怖いもの。

2011年1月12日水曜日

デッドクリフ (2009 フランス)

★★★

山岳アクション映画として始まるが、途中からミステリーというかホラーっぽくなってくる。終わってみれば、大したひねりもないのだが、序盤の山登りシーンは迫力。高所恐怖症の私は、映画を見てるだけで足がすくむ思い。途中から始まる惨劇も、犯人が出てくるまではかなり緊迫感がありドキドキする。犯人が出てくるとちょっとがっかりなんだけど。

舞台は、日本人には馴染みが薄いクロアチアの山。クロアチアといえば、世界遺産になってるプリトヴィツェ湖群国立公園の写真を観たことがある人もいよう。日本ではまだまだ知られていないが、ヨーロッパでは山の景色がきれいということで有名なのかも。

ちなみに、『クリフハンガー』を彷彿とさせる邦題だが、ストーリー上の類似性はない。ただ、明らかに『クリフハンガー』に影響を受けたというか、悪く言えば真似したようなシーンが一カ所だけある。日本の配給会社もそのシーンから、この邦題を思いついたのかもね。

公式サイト

2011年1月10日月曜日

TOHOシネマズもmasterimageを導入

XpanDシステムを採用していたTOHOシネマズだが、一部の劇場ではmasterimageシステムに切り替えている。

現時点では、おいらせ下田、秋田、八千代緑が丘、海老名、横浜、岐阜、緑井、新居浜、宇城バリューの9劇場だが、他の劇場も順次、切替を進めていくのではないだろうか。

何回か書いているが、XpanDは映像が暗くなりすぎてイヤだったので、最近は3D映画を観るときはTOHOシネマズを避けていたが、幸い最寄りのTOHOシネマズ横浜がmasterimageに切り替えてくれたので、また足を運ぶことになりそう。

(masterimageとXpanDの違いは、以前書いたマスターイメージ3D初上陸をどうぞ)

アンストッパブル (2010 アメリカ)

★★★★

すっかりお馴染みとなったトニー・スコット監督+デンゼル・ワシントンの組み合わせの映画。『クリムゾン・タイド』、『マイ・ボディガード』、『デジャヴ』、『サブウェイ123 激突』に続く5本目だ。

どっちみち暴走列車を止められるんだろうと分かっていても、まさにハラハラドキドキ。99分と短めのため、中だるみもまったくない。

最初に「実話に着想を得た」と出たが、wikipediaで実際の事件、CSX8888号暴走事故を調べてみると、ヒントを得たどころか、実際に起きた事件にかなり近い。

場所がオハイオからペンシルバニアに変えられていること、ゆえにスタントンの大曲はなかったこと、死者は出なかったことなどの違いはあるものの、結構細部まで事実に即している。

2011年1月3日月曜日

iPhone 4 with Bumper用の革ケースを購入

iPhone 4のアンテナ問題解消のためアップルから無料で送られてきたBumper。でも、Bumperを付けると、今使ってるベルトにつけるタイプの革ケースに入らなくなるので使ってなかった。だが、Bumperを付けないと、電波の受信感度がやはり悪い。
ということで、Bumperをつけても入るケースを探すことにした。

まず見つけたのが、Senaというアメリカのメーカから出ているBumper Pouch(商品説明ページ)。円高だし個人輸入で買おうと思ったが、メーカーサイトでもAmazon.comでもブラックだけ売り切れ。

次に見つけたのが日本のミヤビックスが販売しているPDAIR レザーケース for iPhone 4 with Bumper ポーチタイプ(商品説明ページ)。これもAmazon.co.jpと楽天で探してみたが、ブラックだけはどちらでも売り切れ。

こりゃ困った。

と思ってたら、PDAIRのXEPERIA用のケースでもiPhone 4に使えるという情報を見つけた。しかも、黒のBumperはゴム引きしてあって滑りが悪いので、iPhone 4用ケースよりも若干大きめに作ってあるXEPERIA用ケースのほうが良いとのこと。

ということで、早速『PDAIR レザーケース for XPERIA SO-01B ポーチタイプ』のブラックを買ってみたところピッタリ。これはいい。休日に気分を変えて使うためにレッドも買ってみようかな。

ちなみにXPERIA用も、Amazonではブラックは売り切れだが、楽天ではまだ販売中。

2011年1月2日日曜日

2010年公開の映画、ベスト10

今年は去年のベスト10のときのアバターのように突出している映画はなく、1位と10位はすぐに決められたが、2位から9位までは悩んだ。殆ど差がなく順位はあってないようなもの。

第10位
インビクタス/負けざる者たち
良い映画なのだがインパクトが弱い。トップ10の中で、もう一度観たいという気にならない唯一の作品。いや、繰り返すが良い作品なんだけどね。

第9位
ザ・ウォーカー
あー、そういうことだったのかと、伏線となっていたそれまでのシーンの合点がいくラストのどんでん返しが好き。

第8位
エクスペンダブルズ
2010年は痛快アクション映画が多かった。この作品もまさに痛快。もっともこの作品に出てる往年の(現役もいるが)アクションスターが出てる映画を観てない若い世代には、面白いところが分からないかも。

2011年1月1日土曜日

2010年に劇場で観た映画

2009年は劇場で51本の映画を観たが、2010年はちょっと少なかったな。40数本ってところ?

と思っていたが、勘定してみると63本。前年より12本も多いじゃないか。なんでまた少なかったと思ったのか。人間の感覚なんていい加減なもんだ。

2010年は、『午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本』で、不朽の名作を6本(アラビアのロレンスベン・ハーミクロの決死圏2001年宇宙の旅パピヨン薔薇の名前)観たことが特筆すべきこと。他にも見たい映画があったのだが、午前10時から始まる映画を観に行くって、結構大変で。普段6時起きだから、土日ぐらいゆっくり寝たいし。

2011年2月5日から始まる第2回の50本は、第1回と違って、不朽の名作とまではいかないレベルの作品が多いが、何本か観に行くつもり。

2010年に劇場で観た映画の全リスト