2010年11月27日土曜日

普通自動二輪車の免許

定年になって暇になったら、ハーレーみたいなアメリカンなオートバイに乗って、あちこちツーリングしたい、なんて思ってたりしたんだが、定年まで生きてるかどうか分からないので、唐突に思い立って、先週から自動車教習所に通いだした。

原付は乗ったことないし、自転車もほとんど乗ったことがない。なにしろ小学生のとき、すなわち40年前に乗って以来ずっと乗ってなくて、数年前に久しぶりに自転車を買ったものの、坂が多い地域に住んでるものでしんどすぎて、結局乗ってない状態。でも、自転車の乗り方は一度覚えたら忘れないというので大丈夫じゃないかと思って、通い始めたが、やはりそこに問題があったのかも。

2010年11月26日金曜日

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (2010 イギリス、アメリカ)

★★★

ハリポタ・シリーズの前半の作品を思わせるようなユーモア溢れるシーンもたま~にあるが、それ以外はやたらシリアスで疲れる。予告編で観ていたシーンは、実はほとんど(全部?)PART2のものだと分かった。

それにしても、やたらガタイが良くなり、どうみても大人になったら悪役が似合うだろうなぁという風貌になってしまったロンの本当の名前は、今回、初めてロナルドだと知った。ロン・ウィーズリーじゃなくて、ロナルド・ウィズリーだったのか。

2010年11月23日火曜日

HOT BLACK 蓄熱敷きパッドの季節がやってきた

以前のエントリで書いたが、寒い冬にもってこいの『HOT BLACK 蓄熱敷きパッド』の季節がまたやってきた。今年の冬で3回目の登場。冷たいシーツがあっという間に温まって、本当に助かるなー。

買ったときは高いと思ったが、3年目の活躍でそろそろ元が取れてきた感じかな。


HOT BLACK蓄熱敷きパッド

クロッシング (2009 アメリカ)

★★★1/2

予告編や邦題から、潜入捜査をしている刑事、麻薬課の刑事、定年直前の制服警官の3人が絡みあう話を思わせたが、そんなことは殆ど無い。皆無と言っても過言ではない。

それぞれ警察官の生き方、捜査の仕方、事件への取り組み、個人的な思いなどを描いていく。エンディングは予告編から薄々想像してたような重い感じのもの。見応えはあるが後味はあまり良くない。せめてもの救いのエピソードもあるにはあるけれど。

2010年11月22日月曜日

紅葉がきれい

家の近くの遊歩道もきれいに紅葉してる。緑、赤、オレンジの組み合わせがとてもキレイ。それに青い空と白い雲が映えている。

この写真はiPhone4のHDRモードで撮影したもの。Mac上で加工すればもっと鮮やかな色になるが、無加工の状態だ。

下の写真はiPhone4のノーマルモードで撮影したものだが、空は真っ白に飛んじゃってるし、木も端の方は白く飛んじゃってますね。ノーマルモードのほうが良い写真の時もあるが、野外ではおおむねHDRモードのほうが良い写真が撮れる感触。

ULTIRA(ウルティラ)で鑑賞

11/19にワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウン店に導入されたULTIRA(ウルティラ)で、ハリーポッターを鑑賞した。

ウルティラとは、グランベリーモールの109シネマズにIMAXがオープンする日と同じ日にオープン日をぶつけてきた対抗意識MAXの新設備。日本ではここ港北ニュータウン店以外には、愛知の大高店にしかない。

ウルティラ公式サイト

ウルティラが素晴らしいようだったら、今後はワーナー・マイカル・シネマズでの鑑賞が増えるかも、とかなり期待して鑑賞したが、結論から言えば大したことはなくてガッカリ。スクリーンは確かに大きくて見応え充分だが、IMAXのような解像度の高さがない。

2010年11月17日水曜日

YO! SUSHIは思ったほど悪くなかった

丁度1年前に書いたのに、公開ボタンを押すのを忘れていた記事を発見。
-----------
NHKスペシャルの「世界"カイテンズシ"戦争」で伸び盛りと紹介されていた、イギリス発祥の回転寿司、YO! SUSHIがヒースロー空港にあったので行ってみた。

シャリを機械が握っていてダメだとブログで書いてる人もいるが、日本でも機械がシャリを握ってる安い回転すしは珍しくない(くら寿司とか、カウンター内に板前がいないところは、まずそうだ。)ので、驚くほどのことではない。

サーモンは、産地が近くて新鮮なのか、刺身と握りの両方を食べたが、日本の100円均一回転すしに比べれば、確実にYO! SUSHIのほうが美味いし、日本の高めの回転すしと比べても遜色ない。

それ以外のネタは、ちょっと安め、または、中程度の回転すしの味と同じようなレベル。

日本と違うのはお茶が1杯1ポンドと有料なこと。その代わり、カウンターにぬるい水(日本と違い、欧米では飲み物を冷たくせず常温で飲む習慣がある)が出る注ぎ口があるので、水なら無料で飲める。しかも、ガス抜きとガス入りを選べるのがちょっとすごい。

黒い皿に乗っているのが違和感を感じるし、おいしくなさそうだと書いているブログもよくあるが、そうだろうか。

確かに日本の回転すしでは大抵白か絵柄だが、高い皿は黒や紺だったりする。黒い皿に違和感を覚える人は、そういう回転寿司に行ったことないのかしら。

そもそも日本食でも黒い食器は使われる。回転しない本物の寿司屋でも、カウンターではない席に座ると、こげ茶などの濃い色の皿に盛ってくることがあるし、中には黒い皿を使ってる店もだろうだろう。

それに、古くなった皿の交換頻度が低い回転すしだと、皿の傷が目につき、その傷に汚れがついてそうで、そっちのほうがよっぽど好ましくないように感じる。

2010年11月14日日曜日

ラスト・ソルジャー (2010 中国)

★★★1/2

ダブル・ミッション』、『ベスト・キッド』に続いて、今年封切りになったジャッキー・チェン映画の3本目。1年で3本も封切りとはジャッキーの当たり年。最初に観たダブル・ミッションはひどい出来の映画だったけどね。ベスト・キッドはかなり面白かったし、本作も面白い。

本作は中国映画だけど、中国映画にありがちな不自然なわざとらしさとかご都合主義が少なめで許容範囲内。

公式サイト

2010年11月13日土曜日

マチェーテ (2010 アメリカ)

★★★1/2

『グラインドハウス』の中で実在しない映画の予告編として登場したが、実際に観たいというファンの声に答えてロバート・ロドリゲス監督がスピンアウト作品として映画化したという異色の映画。

ロドリゲス監督らしいB級映画感バリバリの荒唐無稽なアクション映画。首が飛び、手が飛び、はらわたドバーってな映画なのに、やたら俳優が豪華。ロバート・デ・ニーロ、スティーヴン・セガール、ミシェル・ロドリゲス、ジェシカ・アルバ、リンジー・ローハン 、ドン・ジョンソンなどなど。

しかも、今まで脱いだことがない(たぶん)ジェシカ・アルバとリンジー・ローハンがセミヌードになってるし。なんでこの映画で脱ぐことを決意した。謎だ。

2010年11月7日日曜日

フェラーリ

川崎で見かけたフェラーリ。最初はレースカーかと思ったが、ナンバープレートがついてて公道を走れる。エンジンを掛けたときは大きい音だったが、いざ走りだしてみると意外に静か。なんという車種なのかな。

2010年11月6日土曜日

リミット (2009 スペイン)

★★★1/2

ふと目を覚ますと地中に埋められた棺の中であることが判明。記憶を辿るとイラクで襲撃されたことを思い出す、というところから話が始まる。男は兵士ではないのだが、それがゆえに起こる悲劇的展開もある。詳しく書くとネタバレになるので、これ以上は書けないが。

映画の鑑賞時間と棺の中の時間はリアルタイムに進行するTVドラマ『24』のようなスタイルなので、かなりの緊迫感。アメリカの話なのだが、なぜかスペイン映画なのが不思議。

公式サイト