2008年8月31日日曜日

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ

評価:★★★1/2

エピソード2とエピソード3の間に起きた、極地的な出来事を描いたスター・ウォーズシリーズのスピンアウト作品のアニメ。

観る前はアニメということでどうなのよ?と思っていたが、いざ観てみるとアニメであることが全く気にならななかった。

実写版もCGを多用してるので、CGという意味では実写版もアニメ版も一緒なので、違和感がないということが、その一番の理由だったかも。

本シリーズ同様、ワクワクしながら観ました。やっぱりスター・ウォーズシリーズはいいなぁ。



錦織、4回戦進出!

錦織の試合を観戦するためにWOWOWに入会。たまたま昨日がWOWOWの無料鑑賞日で、この日に入会すると9月、10月の2ヶ月は無料というお得なキャンペーンをやっていたので、グッドタイミングでした。実は一昨日入会しようと思ったのですが、一昨日入ってたら大損するところでした。危なかったー。
錦織の4回戦を観たい方、今日中に申し込めば間に合いますよ!

第1セット 6-4 32分
錦織がダブルフォルト2つを連続してゲームを落とした時には、このままずるずる行ってしまうのかと思ったが、直後にブレークバック。

ストロークで第4シードのフェレールに対して、全くひけを取っていないどころか、角度のあるフォアハンドでフェレールを圧倒。素晴らしい。

第2セット 6-4 38分
第1ゲームのフェレールのサービスゲームを 、15-40とブレークチャンスをつかんだのにキープされたのは痛かった。

だが、第1セットでもそうだったが、フェレールのサービスゲームを楽して取らせていないのがいい。
とてもATPランキング4位と126位の戦いには見えない。

そして、フェレールの二つめのサービスゲームを、ラブゲームでブレーク。

次の錦織のサービスゲームをブレークバックされたのは痛かったが、フェレールの3つ目のサービスゲームも0-40とリードしてブレークバックして、1ゲームリード。

ただ、第1セットでは、錦織のサービスゲームはラブゲームが多く楽して取っていたが、第2セットではやや苦労するようになってきた。

錦織は時折ネットプレイを見せるが、これはどうなのかな。相手をかく乱するという意味で良いのだろうが、ポイントはあまり取れてない。フェレールはスペイン選手らしくグラウンドストローカーなので、アプローチショットやファーストボレーが甘いと、きついショットが返ってくるので。錦織の快進撃は止まらない、いや、止まらないでくれで書いたが、ニック・ボレティエリはフェレール戦ではネットに詰めろと書いていたけどさ。

場内では、NISHIKORI! NISHIKORI!の大合唱。

そしてセカンドサービスで、サービスエースを取って、2セット連取!

第3セット 3-6 44分

錦織に疲れが見えて来て、アンフォースド・エラーがかなり目立つようになってきた。

第3セットを落とすと、錦織は体力が続かずフェレールに3セット連取されて負けてしまう可能性があるので、ここは粘って欲しい。

錦織の体力が落ちて来た一方、フェレールの調子も上がったきたので、これはまずい。

第4セット 2-6 40分

ここから WOWOW の放送を待ちきれず、US Open の公式サイトでライブスコアで追うことにした。

第5セット7-5 58分

2-5 から追いつかれてしまい、錦織は何回も迎えるマッチポイントをなかなかものにすることができなくて、もうダメかと思ったが、粘るフェレールを突き放して勝利!

全米オープン、71 年ぶりの4回戦進出!

次の相手は、第17シードのフアン・デルポトロ。ニック・ボルティエリが、ベスト4に残ると予想していた強敵だ。
アルゼンチンの選手だから、この試合もグラウンドストロークの打ち合いが主体になると思うが、デルポトロは198cmもあるだけにサービスは 220km 近く出してくるので、サービスをブレイクするのは難しそうだ。


巨大ゴーヤ

緑のカーテンで書いたようにゴーヤをグリーンカーテンとして育ててますが、昨日収穫したゴーヤに超巨大なゴーヤが。

比較するために腕時計を巻いてみたので、その太さが分かるかな。

スーパーで売ってるゴーヤは、前列の左から二つ目ぐらいの大きさなので普通のゴーヤの太さの4〜5倍ぐらいでしょうか。

2008年8月30日土曜日

錦織の快進撃は止まらない、いや、止まらないでくれ

ついに全米オープンで3回戦進出を決めた錦織圭だが、彼がテニスのコーチを受けたニック・ボロテリー・テニスアカデミーの主催者ニック・ボロテリーのブログの翻訳をお届けしよう。
ちなみに日本ではボロテリーと表記することが多いので、そう書いたが、本当はボレティエリだ。
なんで全然違う発音の表記になっちゃったのかな。

3回戦の見所 (錦織の部分だけ翻訳)
フェレールは、2回戦でアンドレアス・ベックに対して最後の最後まで試練を受けた。フェレールは普段よりはシャープなプレイをしてなかったが、グラウンドストロークとファーストサーブは他のプレイよりは良かった。錦織はフェレールのセカンドサーブで有利に立つ必要がある。錦織は早いうちに主導権を握って、良いサーブをする必要があるだろう。それに1回戦、2回戦で見せたように、素晴らしいネットへの詰めをする必要がある。

ビッグアップルでのビッグな番狂わせ
対ジェームズ・ブレーク戦、対ラファエル・ナダル戦を含めて、今年、錦織は人々を驚かせてきた。サーブや動きに影響を与える腹筋損傷からの回復中であるが、彼の体調が100%ならば、彼が本物であることとが分かる。ランキングからして、観衆は間違いなくモナコを応援するだろうが、錦織が万全ならば、番狂わせは起きる。

組み合わせについて
ナダル側のドローのブロックでは、フェレール、マレイ、デルポトロが主役だ。マレイとデルポトロは、今シーズン、非常によいプレイをしており(マレイがオリンピックで敗戦したことを除き)、どちらかが初めての準決勝進出をかけて勝ちあがると見ている。また、このドローには、当アカデミー卒業生の錦織圭がいる。日本で大興奮を巻き起こしている錦織は、一回戦でフアン・モナコという強い相手とぶつかることになるが、彼がベストのプレイをすれば勝てる相手である。

2008年8月29日金曜日

nuvi360 のバージョンアップ

nuvi360 のソフトウェアのバージョンを 3.60 にするアップデイターがリリースされています。

ソフトウェアダウンロード

早速アップデイトしてみましたが、名前検索するときに、対象地域を近隣なのか、それとも別の地区なのかを選べるようになり、かなり使いやすくなりました。

まだアップデイトしてない人はオススメです。

ラベル?

このブログへ辿り着いた検索ワードに、「ラベル」というのが非常に多いんだけど、これなんなの?

必ず映画のタイトルと一緒に検索してるというところから推測するに、もしかして映画のDVDを焼きつける時にDVDに印刷するような画像を探してるってこと?

だとすると、自分でDVD買わずにレンタルしたDVDとか、P2Pでダウンロードした、どっちに転んでも違法コピーのDVDを焼くってこと?

全くの勘違いかもしれないけど、もしそれが当たってるなら、そんなものはこのサイトには置いてないぞ。

私は映画は基本的に映画館で観るものだと思ってる。

でも時間がなかったり、お金がなかったり、それ以外にまっとうなな理由で映画館で観れない人も多かろう。そういう人がDVDで観るのはもちろんアリだけど、それを手元に置いておきたかったら自分で買いなさい!

2008年8月25日月曜日

オリンピックに野球はふさわしくない

今回のオリンピックで野球は競技種目から外れるわけだが、ようやくという感じだ。

外れる主な理由は、競技している国が少ないというものだが、そもそもオリンピックに野球はそぐわないと常々感じていた。

陸上競技や水泳競技のようにストイックに記録を追求している選手達が、その競技人生の集大成として競うのがオリンピックだと思うが、野球選手にその資格は無い。

シーズンオフにはゴルフ三昧で遊び呆けるわ、酒は飲むわ、タバコを吸う人もいるわで、アスリートには程遠い。

イチローのようにストイックに追求している選手もいるが、大体、野球選手は締まりのない体をしている人が多すぎる。
松坂なんてまだ若いのに、すっかり中年太りのオッサンじゃないか。

それなのに、自分たちは特別と勘違いして、選手村に入らず5つ星の最高級ホテルに泊まってる。

特別なのは、野球以外の競技の選手達だ。

100m を 9秒台で走ったり、走り高跳びで 2m40cm の高さを超えたり、たった3歩で18mちょいも飛んだり、平泳ぎで100mを60秒かからずに泳いだり。

彼らはもはや人間とは呼べないようなレベルに達している。

先日観たTV番組では、走り高跳びの選手が、立ち高飛び(助走ゼロで、その場で高飛びをする)で180cmのバーを超えていた。まったくもってありえない跳躍力だ。

こういう人たちが技を競いあってこそのオリンピック。

バイバイ、ベースボール。

ドラゴン・キングダム

評価:★★★1/2

ストーリーはよくありがちな感じだし、CGは観ててちょっと気恥ずかしくなるぐらい稚拙だけど、ジェット・リーとジャッキー・チェンの迫力の格闘が観られるだけでもう満足。

にもかかわらず、最初の脚本には二人の格闘シーンはなかったそうで、ジャッキー・チェンが格闘を入れるべきだと主張して入ったそうだ。唯一の見所が無くなっていたら、この映画はどうなってしまったやら。

ところで、この映画、妙にハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝とストーリー、敵ボスの攻撃の方法が似ていて、連続して観たので奇妙な気がした。

2008年8月24日日曜日

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

評価:★★★

ハムナプトラの第 1 作、第 2 作とも大好きなので、第 3 作も大いに楽しみにしていたのだが、その期待は裏切られた。

うーん、なんかね、おふざけが過ぎるのだ。

前 2 作はアクションシーンの合間に時折出てくるユーモラスなシーンで笑わせてくれるという緩急の差がつけられていたのだが、本作はなんか全てのシーンがおちゃらけ気味。

ラストシーンで、次は南米が舞台だ、みたいなことを言っていたが、本作がヒットすれば第 4 作を作る気なのかもしれないが、ヒットせずに第 4 作は作られないような気がするなぁ。あるいは作っても、低予算で劇場公開はされずビデオリリースされるとか。

2008年8月22日金曜日

幸せの1ページ

評価:★★1/2

『最高にハッピーなハートフル・アドベンチャー』というのがキャッチコピーだが、このキャッチコピーからして、おそらく20〜30代の女性客を引きつけようとしてると思われる。

だが、その内容はというと、もっと若い女の子か、小さい子供がいるファミリー向けのコメディ映画だ。

試写会で観たが、隣にいた 30代か40代前半と思われる女性も、「子供なら喜びそう」と突き放したコメントをアンケートに書いていた。
でも、その通り。

コメディであることには間違いないが、大人が観て笑える映画ではない。(ちょびっとだけ笑ったシーンがあったことは認めるが)

大人が楽しむには、ちょっとチャチすぎるんだよね。なんと言ってもストーリーが。そして映像も。合成が稚拙すぎ。背景から浮きまくってるじゃないか。

ただ、エンドクレジットだけは大変良かった。きれいで楽しくて。

日本男子 4x100m リレーチームは未曾有の大チャンス

アメリカとイギリスが失格したということは、単純に日本チームの順位が2つ上がったことを意味する。

予選の順位は2位だったが、決勝ではウサイン・ボルトが出てくるので、順当に行けばジャマイカが金メダルを取ることは間違いないだろう。

一方、銀メダルと銅メダルは、予選1位だったトリニダート・トバコ、予選3位の日本、または4〜6位ぐらいの国のどこが取ってもおかしくない。

だが、予選を見た限りでは、ジャマイカのバトンの受け渡しも下手だったので、大本命のジャマイカが決勝で失格する可能性も少なくない。

となると、金メダルを日本が取ることだって大いにありえるのだ。これは大いに期待したい。

ちなみに、アメリカの男子リレーチームは、直近12回の世界大会(世界陸上とオリンピック)で、なんと5回もバトンの受け渡しに失敗して失格してるのだ。
(1大会で男子・女子の両方のチームが失敗したのは初めて)

それだけ失敗してるなら、もう少し練習したらどうなんだろう。

各選手はそれぞれ別のクラブで練習していて、合同練習をする時間はあまり取れないだろうとはいえ。

ま、アメリカが失敗してくれればくれるだけ、日本のメダル獲得の可能性が増えるので喜ばしいことではあるのだが。

2008年8月21日木曜日

魚恐怖症の選手が銀メダル

髪毛座銀河団: 五輪遠泳の英国代表選手、「魚が怖い」で書いた魚恐怖症のデイヴィッド・デヴィース選手が、オープンウォーター10km競技で銀メダルを取ったとのこと。

1位との差は10kmも泳いでいるのに、たった1.5秒差というのは大接戦だ。

大きな魚を見かけたら棄権すると宣言していたが、どうやら見かけなかったようで良かったね。(笑)

ウサイン・ボルトの200m金メダルで思う事

人間離れしたという表現しかしようがないほどの超人ウサイン・ボルトが、100mに続き200mでも世界新記録を更新したわけだが、その記録が 19秒30。

それまでの記録が 19秒32。

100年は破られないと言われていたほどの奇跡的な大記録と言われていた。
それがゆえに、ボルトをしても 0.02秒しか更新できなかったわけだ。

だが、そうなると、あの黒人にしては珍しい短足胴長体型だったマイケル・ジョンソンの偉大さをあらためて認識した次第。

ボルトのストライドはおそらく2m70cmかそれ以上だと思うが、マイケル・ジョンソンはそれより数十センチ短かろう。にもかかわらず、0.02秒差ということは、どれだけの歩数で走っていたのだろう。


2008年8月19日火曜日

今さらですが iPhone 3G を買いました


私は、日本では電話として使えない初代 iPhone も持っています。

この1年ぐらいと言うもの、iPod として使うほか、ゲームしたり、Wi-Fi 環境で Safari を使ったり、Skype で電話したりしてたので、 iPhone のことはもうよく分かっていると思ってました。

ですから、iPhone 3G を買ったからと言って、特に何も変わることないと思ってたのですが、いざ買ってみると、まるっきり違いました。

何が違うって、Wi-Fi環境にいなくても、いつでもどこでも繋がるということ。
当たり前のことなんですが、この違いの大きさを実感しています。

今までは FON のアクセスポイントを探したり、有料の Wi-Fi ポイントを利用したりしてましたが、そんな苦労はもうおさらば。

つまり、この1年で分かったつもりでいた iPhone ですが、実は何も分かってなかったんですねぇ。

実は買うときも今ひとつ気乗りしておらず、どちらかといえば、ノキアのX02NKのほうが欲しかったのですが、いざ買ってみると、もう iPhone のとりこです。いやー、買ってよかった。

もちろん、あちこちで書かれているような不平、不満もあるにはあるのですが、OS のバージョンアップで徐々に解消されていくことでしょう。

最大の不満の、メールの横画面入力の実現を最優先してもらいたいものだが、初代 iPhone でもそうだったし、そもそも iPhone OS のバージョンは既に 2.0.2 になっている。
そこまでバージョンが進んでいるのに、メールは横画面にできないということは、Appleにはそうするつもりはないということだろうか。

2008年8月14日木曜日

解せない高校野球の日程

13日(水)の試合で、下の4校がベスト8に残った。


聖光学院(福島)
常葉菊川(静岡)
智弁和歌山(和歌山)
報徳学園(東兵庫)


14日(木)の試合では、下の4校がベスト8に残った。


浦添商(沖縄)
慶應義塾(北神奈川)
大阪桐蔭(北大阪)
横浜(南神奈川)


さて、15日(金)と16日(土)に、ベスト4をかけた試合が行われるが、13日に試合をした4校は1日休んで15日に、14日に試合をした4校も1日休んで16日に、試合をするのが普通じゃないか?

でも、実際には、14日に試合をした4校は、休みなく翌日の15日に試合をして、13日に試合をした4校は中2日も休んで16日に試合をするのだ。

これ、どう考えても変じゃない? 

ジャンボの意味知ってる?


日本語でジャンボといえば、年末ジャンボ宝くじやジャンボジェットなど、「巨大」という意味だが、それは英語でも一緒。Jumbo は、「巨大な物」という意味である。

でも、アフリカ東部では違う。「こんにちは」という意味だ。

Jumbo は、元々はアフリカ東部で使われているスワヒリ語の単語であり、それが「こんにちは」という意味だということを知ってる人は結構いるだろう。

でも、「こんにちは」がなぜ「巨大」という意味になったのかを知ってる人は多くあるまい。

いきなり答えを言おう。

Jumboという名前の象がいたからだ。

では、詳しく書こう。

1882年に、アメリカのバーナム&ベイリー・サーカス (Barnam & Bailey Circus) がロンドン動物園から、 Jumboという名前のアフリカ象を購入した。

同サーカスは、「地上最大のショー」と銘打ったサーカスを興行しており、そこには24頭もの象がいたがJumboが最大の象だった。

そこで、Jumboを売り物にして、写真のようなポスターを作って大々的に宣伝したところ、サーカスが巡るどの街でも大変人気を博したそうだ。

そして、Jumbo =巨大というイメージがアメリカ全土で定着し、今のようにジャンボは巨大な物という意味になったのだ。

ちなみに、今年亡くなったチャールトン・ヘストンが主演した「地上最大のショウ」(1952年)は、題名から明らかなように、このサーカスを舞台とした映画だ。

さて、サーカスに来たJumboに悲劇が起きた。

サーカスに来てから3年後の1885年、近づいてくる貨物列車に気づかず、飼育員が象に線路を横切らせたため、Jumboは列車に轢かれてしまい3時間後に死亡してしまったのだ。

同サーカスは、Jumboの骨格をニューヨークの自然史博物館に寄贈したが、皮は詰め物をして剥製にして、1889年までサーカスで見世物にしていた。

その後、剥製はアメリカのマサチューセッツ州のタフツ大学に寄贈され、Jumboの足に触ると試合に勝てるとして、アメリカン・フットボール部の幸運の守り神として愛されていたそうだ。(写真はJumboの足を触るアメフト部の学生達)

だが、86年後に再び悲劇が訪れた。

1975年に、Jumboが飾られていた建物が火事となり、Jumboの剥製は、尻尾を残して全て燃え尽きてしまった。

学生達は辺りの灰を集めて瓶に詰め、今でもアメフト部の幸運の守り神として保管されているそうだ。

なお、現在でもタフツ大学のアメフト部の名前はJumbosであり、マスコットキャラクターは当然象である。

ところで、全くの余談だが、バーナム&ベイリー・サーカスは、1907年に日本でも有名なリングリング・サーカスに買収された。

で、そのリングリング・サーカスだが、私はてっきりサーカスのリングが二つあるからRing Ring Circus という名前だと思っていたのだが、本当はRingling という人が始めたサーカスだから、Ringling Circusという名前だと判明。

R とLを区別しない日本人ならではの勘違いなのであった。

2008年8月13日水曜日

五輪遠泳の英国代表選手、「魚が怖い」

イギリスの10km遠泳の代表、デイヴィッド・デヴィース選手が、魚恐怖症と告白。(笑)


なんで魚恐怖症の人が、湖で泳ぐ遠泳なんてやってるのよ。
元はプールで泳ぐ1500mの選手で、コーチに勧められて始めたそうだけど。

それにしても

大きい魚は見るだけでも怖いんだ。
奴らは人間じゃないし。
奴らは歩き回らないし。
奴らは異種なんだ。

って、我を忘れた支離滅裂なコメントが、いかにも恐怖症の人らしくて、本人は大マジメなんでしょうが、笑えます。

それはそうと、オリンピックに遠泳なんて競技があるの知らなかったな。
競技終了まで時間かかるから、観客ウケしない競技だなぁ。

2008年8月12日火曜日

スーパーアリの巣コロリ

2週間ばかり前の夜、ふと気づいたら台所のカウンターに、体長が1mmぐらいしかないような極小のアリが沢山いるではないか!

どこから来たのか行列を辿っていったら、床下収納と床板の隙間から出てくることが判明。

なぬ? 床下にアリの巣があるってこと? げげーっ。

ということで、アース製薬の「スーパーアリの巣コロリ」という製品を買ってきた。

置いてしばらくしてから観てみると、うんざりするほどのアリンコがせっせと巣に毒を運んでいる。

朝起きたときには、まだせっせと運んでいたが、会社から帰って来てみたら、あーら、不思議。一匹もいない。どうやら全滅してしまったらしい。
効き目にビックリ。

さて、それから2週間ほど経った昨夜、またまたアリンコ発見!

でも、今度はビルトインの電子レンジと床下の隙間から出てくる模様。

どうやら違う巣のようだ。

ということで、また置いてみたところ、しばらくすると、前回同様、沢山のアリが群がっている。

そして、前回同様、朝起きたときは、びっくりするほど沢山のアリがいたのに、会社から帰って来たら、一匹もいない。またしても効き目にビックリ。

スーパーアリの巣コロリの中で死んでるアリや、そこらで死んでるアリが一匹もいないのが不思議。みんな巣に帰ってから死んでしまうのね。どうして途中で死んでしまうアリはいないのだろう。

それにしても、二つも巣を全滅させてしまって、ごめんね、アリさん。
庭ならアリさんはいくらいてもいいんだけど、家の中はやっぱりイヤなんだよ。今度からは家の外にエサを探しに行っておくれ。

巨人の足跡の花火は CG

開会式の足跡花火…実はCGの合成映像でした(読売新聞)
“足形”花火、実はCG 五輪開会式のテレビ映像(中日新聞)

ええーっ、開会式の巨人の足跡花火って CG だったのか。
映画じゃないんだから、CG はダメだよ、チャン・イーモウ監督。

まあ、中日新聞の記事によると、実際に打ち上げたことは打ち上げたようだけど、全世界の人を騙したことには変わりないと思うぞ。

実際の打ち上げを記録した映像はこちら

しかし、妻が開会式を観ながら、これ、ヘリコプターから撮ってるのぉ?と、その映像に疑問を呈したが、私は何の疑問も抱かなかった。見る目がないなぁ、私。というか、妻がそんな眼力を持ってるとは知らなかった。恐れいりやした。

2008年8月11日月曜日

フローティングハンモック

フローティングハンモックというプールに浮かべるネットを買いました。

これにぷかぷか浮かんで日光浴したり、本を読んだり。


すっごく気持ちいいです。

私、90kgの重量級ですが、全然問題なく支えてくれます。

あんまり気持ち良いので、妻が自分にも欲しいというのでもう一つ買いました。
ご覧のようにプールが狭いので、2つ並べてしまうと、プールに一杯になってしまうんですがね。(笑)


<オススメ>私は楽天で買いました


ローラースーツ

全身にローラーをつけてスイスの峠道を滑走する命知らずのフランス人、Jean Yves Blondeau(ジャン・イブ・ブロンドウ)。職業はデザイナーで、このスーツも自分で作成したそうだが、世界一命知らずのデザイナーだな。

対向車線のバイクや車は、一瞬のことなので何とすれ違ったのか分からないだろうなぁ。一方、これに抜かれたバイクは観察できるから仰天したろうな。

ところで、時速 100km ぐらい出てるそうだが、頭が地面すれすれだから300km ぐらいの感覚なんじゃなかろうか。

祝! 88年ぶりの3回戦進出

慶応義塾高等学校がやってくれました。夏の甲子園で3回戦進出。おめでとう!
今日は甲子園には行かず、TVで応援でしたが、全く危なげない勝利。
くじ運に恵まれてよいブロックに入ったとはいえ立派です。

ところで、今朝は慶應の試合が始まるまでが忙しかった。

まずは、NHK BSで、女子のバドミントンダブルス。

世界第一位の中国に勝って大金星をあげた末綱&前田ペアに感動して涙ぐんだと思ったら、BS hiで北島の100m水泳決勝が始まるので、あわててチャンネル切り替え。

北島の世界新&金メダルに興奮したと思ったら、12時になったので地デジに切り替えてプレイボール。

ひゃー、せわしない。

それにしても、アテネでの北島のインタビューは生意気な感じで、正直好感度低かったのだが、今回のインタビューは素直な気持ちで語ってるというか、最初、感極まって何も喋れないところが、実に好感度高かた。

2008年8月10日日曜日

プールの水道代

気になるのは、インテックスのプールの水道代だが、先日、請求が来たが、8,000円弱。大した事無くてホッ。

ただ、前月は 4,500円ぐらいだったので、倍近いけど。

ちなみに、水道の請求書には、例月より急に増えているので、漏水してる可能性があるので調べて下さいといメモがついてました。

ベーゴマ

もう一つダッシュ慶應のネタ。ベーゴマなのに、ダッシュ慶應ネタとは、これしかり。

私がコマで遊ぶような子供だった昭和40年代という時代は、地域によってベーゴマで遊んでいたところと、コマで遊んでいたところに分かれると思う。私の住んでいた東京の大森では、ベーゴマで遊んでいる子供はおらずコマだった。

という前フリは、本筋とは何の関係もなかったりする。

さて、そのベーゴマに、角六、丸六という形のベーゴマがあるのだが、その絵柄に、K、W、H、T、R、Mというアルファベットが一つづつ書かれている。最近、ショッピングモールなどに駄菓子屋が入っていたりするが、そこで売ってるベーゴマは大抵これだ。


察しの良い人はもうピンと来たと思うが、これは東京六大学野球の学校(慶應、早稲田、法政、東大、立教、明治)の頭文字だ。

当時の子供達は、ベーゴマで遊ぶときにも、僕は慶應、僕は早稲田だ、とか言いながらベーゴマで早慶戦をやっていたんだろうね。

それぐらい昔の東京六大学野球の実況中継は人気があり、それがゆえにダッシュ慶應という応援歌が全国に広まったというわけだ。

ダッシュ慶應

前のエントリーで書いたけど、ダッシュ慶應という応援歌は、甲子園やプロ野球でも使われる、おそらく日本で最も有名な応援歌だろう。

どんな曲か曲名を聞いただけでは分からない人は、youtube のこれをどうぞ。(オリジナルのダッシュ慶應と一カ所違う気はするけど)

でも、本家の慶應の応援では、私みたいな古い人には受け入れがたいのだが、悲しいことに独立した応援歌と使われておらず、応援パターンの一部に組み込まれてしまっている。

その応援パターンというのがえらく複雑なのだ。慶應義塾高等学学校応援指導部のホームページにあるのだが、えらく複雑。興味のある方は、こちらの応援パターン (PDF)をどうぞ。

さて、甲子園で歌っていて、すごく気になったのだが、本来のダッシュ慶應では、「○○を倒せ、○○を倒せ、○○を倒せ、オー」と、○○のところに相手校の名前を入れるのだが、甲子園では攻撃的な言葉はいけないという指導が入っているらしく、代わりに「チャンスだ打てよ、チャンスだ打てよ」と歌う。

倒すという言葉が攻撃的か?という疑問はとりあえず置いておくとして、一番気になったのは、甲子園で皆が「かっとばすぞ」というところを「かっとばせよ」と歌っていたこと。

そんなところまで変えちゃったんだぁと当日はガッカリしていたのだが、上の応援指導部の応援パターンを観たら、本当は「かっとばすぞ」であることが判明。

おそらくその前の「チャンスだ、打てよ」という歌詞に引きずられて、最近の人は「かっとばせよ」と間違えて覚えてしまってるんだろうな。

あとね、この応援パターンですごく違和感があったところがもう一つ。

アニマルという応援パターンで、「ウ〜K、ウ〜E、ウ〜O、KEIO」というのがあるのだが、なんで「ウ〜I」がないんだよ。それじゃ、KEIO じゃなくて、KEOだろ?!


緑のカーテン


居間の前にゴーヤで緑のカーテンを作ってみました。

一ヶ月ぐらいでみるみるうちに育って、すっかり窓の外がグリーンで覆われました。
夏の日中でも直射日光が入らないので、やはり暑さが違うみたい。

というか、ちょっと沢山植え過ぎてしまったので、日光が入らなくて、日中でも電気つけないとちょっと暗いぐらい。

来年はこの半分ぐらいの本数でいいかな。

しかも、ゴーヤが採れること採れること。1週間で10近く採れるので、もう50本ぐらい収穫したかな。
自分のうちだけでは食べきれないので、兄弟、友達、ご近所と、配れるところに配りまくり。

2週間に一回ぐらい肥料をやってるけど、基本的には水をやるだけなので簡単。しかも、やはり虫にとっても苦くてマズいのか、葉っぱにも全然虫がつかない。

かと言って、匂いが悪いわけではないらしく、蝶やてんとう虫など色々な虫がやってくる。

2008年8月6日水曜日

インテックス フィルターポンプ

使い始めて2週間ぐらい経ちましたが、ポンプのフィルターを開けてみたところ、予想以上にまっ茶色に汚れていて驚きました。
キレイに見えても水って汚いんだなぁ。

フィルターの替えも2個買いましたが、汚れたフィルターにホースの水を強く当てたら、汚れが吹き飛んでまたキレイになったので交換しなくても大丈夫そう。

2008年8月5日火曜日

ダークナイト

評価:★★★★★

ヒース・レジャーの演技に圧倒されがちだが、練り込まれた脚本に感嘆。おかげでエピソードを盛り込み過ぎで、やや長過ぎた感はあったが圧巻の映画。


以下はネタバレなので、未見の人は注意。
以下はネタバレなので、未見の人は注意。
以下はネタバレなので、未見の人は注意。
以下はネタバレなので、未見の人は注意。
以下はネタバレなので、未見の人は注意。




字幕では「光の騎士」と翻訳してたけど、実際のセリフでは white knight 。ホワイト・ナイトは直訳すれば「白の騎士」だが、白馬に乗って助けに来てくれる騎士、すなわち日本語でいう救世主という意味。

だが、実際にはその心の奥底にはどす黒いものがあり、愛する人が殺されたために復習鬼と化した。表面上はホワイトでも、その内面はブラックだった。

一方、バットマンは、黒い車に乗って助けに来てくれる騎士なので、Dark Knight だが、愛する人が殺されても復習することなくジョーカーを殺さず捕まえる。表面的には法を無視した自警団だが、その内面は真の救世主。表面上は黒、ダークだが、その内面はホワイトという対比を見事に描いていた。

甲子園に行って驚いたこと


今日、母校の応援で初めて甲子園に行きましたが、昔は甲子園球場は他の球場より広いと言われていたのに、いざ行ってみると狭くてビックリ。

アルプススタンドなんて言うからどんだけ高くそびえる応援席なのかと思ったら、これまた狭いし。

昔は広いほうだったのかも知れないけど、最近は他の球場が大きくなったので、相対的に狭くなってしまったんですね。

スタンド下の通路も狭くて、これまたビックリ。

最近の球場は東京ドームしか知らないけど、売店周りは広々としているのに、甲子園はなんか薄暗くて狭くて購買意欲が湧かないなぁ。

さらに、母校の応援スタイルがすっかり変わっていて、これまたビックリ。

隣の席の若者に聞いたら、慶應の応援は他校に真似されたので、新しい応援に変えたんですよとのこと。確かに言われてみれば、「早稲田を倒せ、早稲田を倒せ、早稲田を倒せ、オー」という曲は慶應のオリジナル応援歌ですが、今は他の学校が使うどころか、プロ野球の応援でも使ってますもんね。

想像ですが、早慶戦は昔からテレビ中継されているので、慶應の学生じゃなくても、自然に覚えちゃったんじゃないですかね。

あと、最後にもう一つビックリしたこと。

慶應の応援には欠かせない青と赤の三角帽子が小さくなってメガホンになってしまったこと。これはやっぱりエコを考えてのことですかね?

2008年8月2日土曜日

Kingsoft Office (Office 互換)

会社では、Microsoft Office を使っているわけだが、自宅で買うにはちと高い。

ということで、Office 互換ソフトを幾つか試してきたが、Kingsoft Officeはかなりイイ!
なにがいいって、びっくりするほど Microsoft Office と使い勝手が同じところ。こんなにそっくりに作って Microsoft に怒られないの?と思えるほどに。

30日間は無料で試せるが、出来が非常に良いうえ、4,980円しかしないので、無料期間が終わったあと購入するかも。

ちなみに今までに試したのは、こんなソフトでした。

NeoOffice
Mac OSX で使えるフリーのOffice互換ソフトではベストか?(というか選択肢は少ないわけだが)
ただ、動作がちょっと重いのがねぇ。

あと、Apple が出している Office互換の iWork も定価 9,800円と個人で気軽に買える値段なので、あえて NeoOffice を使わず iWorkでいいのかも。

Google Docs
Googleが提供しているオンラインで使えるOffice互換ソフト。

互換性という意味では、ここで作成した書類をMicrosoft Officeに持っていくと、レイアウトが変になったりして不便だった。

Microsoft Officeでも開く必要があるのならばオススメできないが、Google Docs内で完結するのならば使い勝手が良い。

それになにより、オンラインで書類も保存できるので、インターネットさえ使えればどこからでも同じ書類にアクセスできるのが素晴らしい。 作成した書類を公開することもできるし。

あと、ブラウザで作業するため、WindowsだろうとMac OSXだろうとプラットフォームに依存せず使えるのもいい。

OpenOffice

最新版はどうだか知らないのだが、Mac OSXバージョンでは、インストールするのが難しかったり、日本語を扱えるようにするのも大変だった。その時点では論外だった。

2008年8月1日金曜日

祝!46年ぶりの夏の甲子園出場

私、子供の頃からプロ野球にはほとんど、というか、まったく興味ないんですが、高校野球だけは大好きでよくテレビで観てます。

たぶんプロ野球ではありえないような逆転劇がありえるところがドラマチックで好きなんだと思います。

さて、わが母校、慶應義塾高等学校は、強豪ひしめく神奈川にあるため、県大会で良いところまで行っても東海大相模や横浜に負けてしまい、なかなか出られなかったのですが、今年から神奈川は南北に分けられて強豪が分散したためもあり、ついに46年ぶりの出場となりました。

南北に分けられたので、来年以降も時折、甲子園に出場してくれるとは思いますが、やはりこれだけ久しぶりの出場ですから、応援しに行かないわけには行きません。

実は2005年の春の高校野球にも45年ぶりに出場したのですが、このときは応援に行きたかったものの、一緒に行ってくれる友人がおらず、さりとて単身乗り込むのも躊躇してしまい、行けなかったことをずっと後悔してました。

でも、今年はそのときに行ってくれなかった友人がやる気を出してくれたので、8月5日は有給休暇を取って甲子園に応援に行きます!

勝って塾歌を歌わせてくれ!