2016年9月21日水曜日

法律上はハイビームが基本

2016年8月21日付の読売新聞の記事によると、道路横断中に人をはねた事故の96%がロービーム走行だったそうだ。

そもそも道路交通法第52条第2項は、すれ違うときや他車の後を走るときに、他車の妨げになる場合は減光せよと定めている。すなわち、法律上はハイビーム走行が原則なのだ。

だが、他車の妨げにならない場所でもロービームで走る人が殆どだと思う。私もかつてはロービームで走っていたが、今は隙あらばあらばハイビームにする派だけど。

みんなロービームで走るのは、自動車教習所がそう教えたからではないだろうか。少なくとも私は、ロービームで走るものであり、ハイビームはダメだと教えられたし、ロービームで走る人が殆どな現状からして、どこの自動車教習所もそう教えているのではないだろうか。
読売新聞記事

2016年6月19日日曜日

Can-Am Spyder RTにRAMマウントを付けた

Can-Am Spyder RTに、iPhoneを固定するRAMマウントを付けた。と言いつつ、写真に写ってるのはXperiaだけど。


選んだマウントはRAM マウント X-Grip。挟める大きさが可変なので、iPhoneのサイズが多少変わっても問題ないし、Xperiaのような大きいスマホやGarminのカーナビを付けることもできる。

RAMベースは、サイドミラーに付けるためのRAM MOUNTS ミラーフレームを選択。下の写真の黒い奴=。


日本でも売っているが、今回はアメリカのValue Accessoriesから個人輸入。というのも写真に写ってるボルトとスペーサーを手に入れるため。サイズさえ分かってれば、これらも日本で入手可能なのかもしれないが。RAMベースとセットで$19.95とお安かった。

さて、取り付けるにあたって必要な器具はラチェットレンチと7mmと6mmのヘキサゴンソケットだけ。後述するが、L字型アレンレンチだと難しいと思う。

ちなみに7mmのヘキサゴンソケットレンチは、あちこちのホームセンターで探したが見つからず、結局AmazonでTONE ヘキサゴンソケット 差込角12.7×7mmを購入。



あと、ネジの緩み止めのロックタイトはあったほうがいいだろう。


さて、取り付けるにあたってボルトを締める適正トルクが分からない。

ディーラーに聞けば教えてくれるだろうが、トルクメーターを持ってないから、聞いても意味がない。

ということで、苦肉の策が下記手順の1~4。どれぐらいの力を入れて締めるのか体に覚えさせるという原始的手段(笑)。
  1. オリジナルのボルトとSpyerににサインペンで線を引く
  2. 7mmのヘキサゴンソケットレンチでボルトを緩める。最初に緩めるときは、緩み止めが効いているので、結構な力がいる。相当長くない限り、L字型アレンレンチではまず無理だろう。
  3. 先ほど引いた線に合うところまでボルトを締める
  4. 2~3の手順を数回やって、どれぐらいの力を入れて締めるのか力加減を覚える
さて、今度は取り付けだ。
  1. 力加減を覚えたら、オリジナルのボルトを取り外す
  2. 買ったボルトにワッシャーとスペーサーとRAMマウントを入れ、緩み止めのロックタイトを塗布
  3. 6mmのヘキサゴンソケットレンチで締めて、RAMベースの取り付け完了


iPhoneの画面が見やすいように顔に近づけるため、このRAMベースに直接X-Gripを付けず、RAM マウント ショートアーム をAmazonで購入。
より近付けたい人は、RAM マウント 標準アームRAM マウント ロングアームもある。


これにX-Gripを付けると完成。


横にしてGarminを付けることもできる。


2016年5月18日水曜日

ジオキャッシングのログシート巻き取りツール

しょぼい外観で恐縮だが、ジオキャッシャーにお勧めのツールのご紹介。

マイクロサイズ用のログシートって、丸めるのって面倒じゃないですか。丸めたけど入らなかったりして。

そこで、このツールの出番。

ログブックを挟んで
クルクル、クルクル
 巻き上がったらスポッと抜いて

 チューブの蓋に入れると。ほら、簡単。

 見た目で想像がつくと思うが、構造はいたってシンプル。

  1. 太めのクリップを伸ばしてから二つ折りにする 
  2. 一回ねじってから(←これ重要)、根元をガムテープなどで留める。以上。

ねじっているのは、2本の金属の隙間を無くすため。クリップを隙間なく折り畳めれれば、捻らなくても大丈夫。

後ろに大き目のリングをつけているが、キーホルダーとかに付けるだけでなく、巻き取るときに回しやすくするため。

 最初、女性のヘアクリップで作ったが、滑り止めのギザギザ加工と、先っちょが広がってるところが災いしてダメだった。

こんなチープな奴じゃなくてカッコ良いのを作った人は、私に是非一つ下さい。

あまりに便利なので、もう一つ作成。


2016年4月30日土曜日

ロウワー・アンテロープ・キャニオンに行ってきた(2016年)

何年か前にアッパー・アンテロープ・キャニオンに行ったが、その時点ではロウワー・アンテロープ・キャニオンには行かなかった。

最大の理由が、高所恐怖症の人には厳しいから。

ただ、怖かったらしいハシゴが階段に変わり、怖くなくなったというので行くことにした。そうは言っても怖いんじゃないかとドキドキもんだったけど。

結論から言えば、高所恐怖症でも大丈夫。ちょっとドキドキする感じはしたけど、下を見なければ問題無し。

行ってみて分かったこと。

以前、ロウワーはツアーに入らないで自由に見学できたようだが、2016年現在、ツアーでしか入れない。

ツアーは予約も出来るが、その場に行って申し込んでも大丈夫。我々はその場で申し込んだ。一人20ドル。

次に分かったこと。

インターネットの写真を観ると、以前、キャニオンの入口だったところは、現在、出口になってるようだ。

その結果として、キャニオンは基本的に階段を降りる。長い階段やハシゴを登ることはない。

こんな感じの階段を降りていく。

入ってしまえば、アッパーもロウワー景色がそんなに違うわけではない。
ロウワーのほうが空の開口度が広いので、中が明るい。

一方、逆に通路は非常に狭い。ただ、閉所恐怖症には厳しいと書いてる人もいるが、それは全く感じなかった。私は高所ほどではないが、閉所も嫌いなのだが。

ガイドさんはインディアンの顔だと言っていたが、私には猿の顔に見える岩。

ファインディング・ニモのサメに似てる岩。これは確かにサメが笑ってるように見える。

中の写真を幾つか。後は行ってのお楽しみ。すべてiPhone 6で撮影しているが、キレイに撮れるもんだね。




モニュメントバレーのView Hotelはオススメ

以前、モニュメントバレーに来たときは、最寄りのカイエンタという町のモーテルに泊まったが、今回はモニュメントバレー園内にあるView Hotelのプレミアビューの部屋に宿泊。

お目当は夕焼けに染まるモニュメントバレーと朝焼けのモニュメントバレー。

だが、残念ながら雨で夕焼けは無し。

その代わり、雨上がりに虹が出て幻想的な世界に。

部屋から撮った夕暮れの写真がこちら。iPhone 6で撮影。


朝焼けはこちら。




2016年2月8日月曜日

109シネマズエキスポシティのIMAXでスターウォーズ鑑賞



HUMAX成田で『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で書いたように、神奈川在住だが、スクリーンの大きさを求めて、成田のIMAXまでスターウォーズを観に行った。

だが、HUMAX成田に行く必要はあったのか?では、成田のIMAXのスクリーンは期待したほど大きくなく、同程度の大きさのスクリーンを持つ109シネマズ湘南のIMAXで十分だったのではないかと感じたので、日本最大のスクリーンを持つ109シネマズ大阪エキスポシティまで行こうかなと書いた。

ということで、二回目のスターウォーズを観に大阪まで行ってきた。

場内に入ると、日本から姿を消したフィルムIMAXシアターと同じく、真四角に近く感じる1.43:1の巨大なスクリーンがそびえ立つ。

これだよ、これ!IMAXのスクリーンは、こうじゃなくちゃ!

横幅がないので、人によっては小さいスクリーンに感じるかもしれないが、スクリーンの高さが普通の映画とは全く違う。
調整してもなお暗いパノラマ写真

ミレニアム・ファルコンが飛び立つところからのシークエンスは、IMAXカメラで撮影しており、その場面になると投影範囲が広がる。

その映像たるや成田IMAXで観た時とは全く別物と言って良い戦慄ものだった。

成田IMAXのときは、ミレニアム・ファルコンが見切れて船体全体が見えないシーンが、エキスポシティIMAXでは全体が見えるので、迫力が全然違う。

来年になると、シネマサンシャイン池袋にレーザーIMAXが導入される予定だが、大阪にしょっちゅう行くわけにもいかないので、それまでは109シネマズ湘南で我慢するしかなさそうだ。

2015年12月20日日曜日

HUMAX成田に行く必要はあったのか?


前のエントリーで『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観に、神奈川からわざわざ成田駅から程近いHUMAX成田まで観に行くことを書いた。

だが、結果から言うと、そんなに言うほど大きいか?というのが印象。

確かに109シネマズグランベリーモール、109シネマズ川崎、109シネマズ二子玉川よりは大きいと思うけど、109シネマズ湘南と同じぐらいの大きさのような気がした。

従って、神奈川県民は、わざわざ成田まで行かずに、とにかく大きいスクリーンで見たければ湘南で良いと思う。湘南は遠いという人は、グランベリーモール、川崎、二子玉川でもいいし。

問題は109シネマズエキスポシティだ。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を二回観てもいいので、やはり大阪まで観に行こうかな。

OS XでMission Controlが動かなくなった

ホットコーナーにマウスを持っていってもファンクションキーを押してもMission Controlが動かない。 

DockにあるMission Controlアイコンをクリックしても何も起こらない。 

ググると、ターミナルで$ killall DockでDockを再起動させれば、直ると書いてあった。 

 やってみたが、直らない。 

再度ググったところ、user/Library/Preferencesに入ってるcom.apple.spaces.plistとcom.apple.spaces.plist.lockfileを捨ててからログアウトし、再度ログインすれば直ると書いてあった。 

やってみたが、直らない。 

そんな人は、以下のファイルを捨ててから、ログアウトして再度ログインすれば直る。

ただし、Dockに登録したアイコン情報は初期化される。

user/Library/Preferencesに入ってるcom.apple.dock.plist

2015年12月14日月曜日

HUMAX成田で『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

いよいよ公開日が迫ってきた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。 

最初の頃はタイトルにエピソード7と入ってたのに、いつ間にか付かなくなったのは、それ以前のエピソードを観てない若い世代に敬遠されることをディズニーが恐れたのだろうか。 

私は神奈川在住なので、普段なら109シネマズ湘南か二子玉川かグランベリーモールに行くところだが、今回はなにしろスター・ウォーズの新作なので、日本最大級のスクリーンの大きさを誇るHUMAX成田のIMAXシアターのチケットを取った。

さらに、本作がもう一回観る価値のある出来だったら、本当に日本最大のIMAXシアターである109シネマズ エキスポシテイまで観に行くつもりだ。エキスポシティはスクリーンが大きいだけでなく4K上映なので、1.43:1というフィルム方式のIMAXと同じアスペクト比で上映されるのだ。

エピソード4が日本公開された1978年、私は19才だった。鑑賞したのは今はなき銀座のテアトル東京。

今のIMAXシアターと同様、床からシネラマの巨大な彎曲スクリーンがそそり立っていた。

当時の映画館は今のように入れ替え制でなく、1回の料金で何回だって観ることができたが、その当時からテアトル東京は入れ替え制だった。

二階席は全席リクライニングシートだったそうだが、一階も最前列はリクライニングシートだった。しかもかなりの角度までリクライニングした。そうでもしないとスクリーンが近すぎ・大きすぎて、スクリーンの上の方が見えなかったのだ。(記憶が定かではないが、二列目、三列目ぐらいまでリクライニングシートだったかもしれない)

スターウォーズ・エピソード4は、そのテアトル東京の最前列で観たので、オープニングシーンでは、本当に頭の上からスター・デストロイヤーが現れたように見えて仰天したことを今でも覚えてる。

IMAXシアターの売り文句に、「watch a movie or be part of one」(映画を観るか、映画に参加するか)というのがあるが、正にスターウォーズの世界に参加した感覚だった。

その感動をもう一度味わいたくて、今回、遠路はるばるHUMAX成田まで観にいくというわけだ。

2015年12月7日月曜日

私の祖先はどこから来たのか

自分のルーツを知りたくて、ジーンクエストで遺伝子解析をしてみた。 

というのも、私はなぜかときおり外国人に間違えられる。

レストランで英語メニューがいりますか?と聞かれたり、知らないオッサンに、あっちの人?と言われたり。あっちってどこだよ。

 空港では、空港職員に英語で喋りかけられることもしばしば。ハーフ顔でもなんでもないし、外国人っぽさは皆無なのに。

でも勘違いする人がいるということは、標準的な顔ではないのだろう。

ということで、ルーツが知りたくて遺伝子解析してみたわけだ。



ジーンクエストで遺伝子解析をすると、このように、自分のルーツがどこが始まりで、どのように移動していったかが分かるのだ。

 ところが私の結果はこうだ。



日本人のなかで珍しいだけじゃない。13ある人種のグループのどれにも属してないのだ。

従って、自分のルーツがどこで始まったのかも分からない。



日本人には9.4%しかいないタイプのようだ。

 うーん、ご先祖はどこの出身なんだ。知りたい...。

追記(2015/12/14)
母親、姉二人、姪っ子にもやらせたが、遺伝子だから当然なのだが、やはりOthers。

2015年12月5日土曜日

Can-Am Spyderにフロート充電器を常設する

Can-Am Spyder RTは、フュエル・インジェクションだからバッテリーが上がったら、燃料が供給されないだろうし、そもそもセミオートマなので押しがけはできないはず。

ということはバッテリーが上がったらお手上げで、販売店にレッカーで持っていくしかない。

ということで、絶対にバッテリー上がりしないようフロート充電器をつけてみた。

購入したのはバッテリーテンダープラス ハイエフィシエンシー。バッテリーテンダープラスには、出力が800mAのものと1.25Aのものがあり、速く充電できるので1.25Aをチョイスした。

だが、後から考えれば、繋ぎっぱなしにするので、そんなに大きくバッテリの電気が減ることがないから800mAのバッテリーテンダー 800 で十分だった。

2012年以前のSpyderでは、バッテリーは後ろのシートの下にあり、素人ではアクセスがまず無理だったそうだが、現在のモデルでは、フロントカーゴ内にあるので簡単にアクセスできる。

バッテリテンダープラスには、リング・ターミナル・コネクタが付属しているので、バッテリに接続してしまえば、バッテリーテンダー本体との接続がものすごく楽になる。

リング・ターミナル・コネクタをバッテリに接続する手順は、以下のとおり。
  1. フロントカーゴ内のジッパーを外す
  2. バッテリーカバーが現れるので、車載工具の星形ドライバーでネジ2本を外し、カバーを外す


  3. バッテリーのマイナス側のネジは、軸が曲がるフレキシブル・ドライバを持ってない限り作業できないので、バッテリを止めているゴムを外す。フレキシブル・ドライバを持っている人は、この手順はパスしても良い


  4. バッテリを少し手前に引き出したら、車載工具のプラスドライバーで、バッテリーのマイナス側のケーブルを外す
  5. プラス側のケーブルを外し、リング・ターミナル・コネクタを共締め
  6. マイナス側もバッテリーテンダーのリング・ターミナル・コネクタに共締め
  7. バッテリを元の位置に戻し、ゴムを掛ける
  8. バッテリに向かって右側に、グロメット(ゴムのキャップ)があるので、中央をカッターで☓の形に切る
  9. リング・ターミナル・コネクタのケーブルを車体内部から通し、グロメットの穴からケーブルを出してからグロメットを元に戻す
  10. バッテリーカバーを元に戻す。カバーには写真のようにマニュアルを置けるようになっている。

  11. ジッパーを戻す

インストールは以上の通り。10分もあれば十分だろう。

そうしたら、バッテリープラス本体と先ほどのリング・ターミナル・コネクタのケーブルを接続してから、AC電源に接続。これでおしまい。

あとは繋ぎっぱなしにしておけば、常にバッテリを満タン状態でキープしてくれる。

2015年9月20日日曜日

ラスベガスでIngressとGeocaching

殆ど毎年ラスベガスに遊びに来てるけど、今年初めてやることが二つ。

一つ目はIngress。
去年の9月にベガスに来たときには始めてなかったので、今年が初めて。

ただ、Strip沿いのそれぞれのホテルの周りには沢山のポータルがあるようだが、レンタカーで郊外に出てるので、日本の郊外同様、ポータルはあまりない。

もっとも昼間は40度近いので、Ingressのために歩き回る気はしないけど。

二つ目はGeocaching。
これも去年はやってなかった。

こちらもIngress同様、屋外活動だけど、近くまで車で行ってキャッシュを探すので、そんなに長い距離を歩くわけじゃないから大丈夫。

暑いけど、ベガスが日本より断然良いのは、とにかく乾燥してること。
どこに手を突っ込んでも手が汚れることがないし、虫もいない。

日本だとキャッシュにナメクジがくっついてたり、なんかイヤ〜な感じの虫がモゾモゾしてたりするけど、そんな虫は皆無。

そう言えば、7月にイギリスでGeocachingしたとき、イギリスも雨が多い国なので、隠し場所がジメッとしてることはよくあったけど、虫は一匹も見なかったな。

緯度が高くて虫の北限を超えてるせいなのかしら。日本で言うと樺太ぐらいの緯度だからなぁ。


これはベガスでよく見かける隠し場所。
駐車場にある街灯だ。

最初は分からなかったが...,,

こうやって、街灯の根元の四角い箱を持ち上げることができる。
日本にないタイプの隠し場所なので、日本人は苦労するかも。